ID非公開

2021/10/11 18:42

66回答

ティソのシースターとセイコーのプロスペックスについて。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました!

お礼日時:10/17 20:06

その他の回答(5件)

0

セイコー推しです。 個人的にはsinnのU1一択ですね。 中古て、ETAムーブの正規だと20万以下で買えます。

0

TISSOTですとシースター1000のパワーマチック80とセイコープロスペックス、ダイバーSUMOSBDC083あたりが同じような価格帯です。 デザイン、ケース径などが違うので一概に言えませんが、仕様スペックはTISSOTが断然上です。 ベゼル、セラミック対スチールプレート ケース、316Lステンレス対ステンレス ガラス、両方ともサファイヤガラス 防水、300M(飽和潜水非対応)対200M キャリバー、パワーマチック80のパワーリザーブ80時間対6R35パワーリザーブ70時間 と同じような価格帯でもこれほど違います。 実際にキャリバーのあたりであればどちらとも+3秒程度なので性能はが核のようですが安定性は6R35の方がなくかなりの誤差で狂うそうです。 でも時計はスペックだけでなくデザインやカラーなんかもあるので、お好みをチョイスされるのが一番ですが、ちょうどいい感じはTISSOTかもしれませんが、装着感はセイコーの方が良くてどこに重点を置くかで変わると思います。 ちなみにTISSOTはベルトがしょぼいです。

0

実際に数字で比べるのが一番ですよ。 シースター1000 ¥91,300 ウォーターレジスタンス300m 80時間駆動 ノヴォディアック(インカブロック) フリースプラングテンプ 耐磁気性ひげゼンマイ(ニヴァクロン?) シースルーバック プロスペックス Cal.4R36 ダイバー200m 41時間駆動 インカブロック風ショックアブソーバー 従来式緩急針 理論的には、ティソの方が ・丈夫 ・磁気に強い ・パワーリザーブが長い 機械を積んでいると言えるでしょう。

1

デザインが好きならティソ の方が同価格帯なら圧倒的に上ですね、 仕上げ、ムーブ共に話にならないと思います、 10万以下ならSEIKOなら6r15辺りでしょう、 ティソ ならハイビートの2824-2辺りでしょうからムーブの性能でも話しにならないです、 SEIKOなら8l35辺りと2824-2でややSEIKOが上かなって感じです、ただそうなると30マン超えですね、 なので圧倒的にティソ の方がコスパは上です。

1人がナイス!しています

0

どちらも良いブランドですが、個人的にはセイコーです。 この価格帯の機械式スポーツウォッチは、一部の時計好きには根拠なく軽んじられがちですが、セイコーダイバーズは世界の好事家の間でも熱心なコレクターが居るほどの人気があります。セイコーは時計にペットネーム(サブマリーナとか、シーマスターのような愛称)をつけませんが、人気の高さ故愛好家が付けた名前があり、それが愛好家の中では通称として定着しています。(ツナ、スモー、サムライなど) 個人的に好きな点は、そのデザインの野暮ったさです。 セイコーは近代的ダイバーズウォッチメーカーとしては実はかなりの古株です。グランドセイコーや、プロスペックスルクスラインなどの高価格帯の時計だと、現代的で洗練されたデザインのものが多いですが、低価格帯の時計は収益性が悪いのか、そこまで頻繁にデザインの刷新が行われておらず、その影響で往年のツールウォッチのような絶妙な無骨さ、イモっぽさが現行機にも残っていてカッコいいです。