サカキとヤブサカキ 祭りの世話役になったので 近くの山からサカキを 取らなきゃいけなくなった。 山にはヤブサカキや ヤマサカキも有るそうで 見分けがつかない。 葉っぱの縁がギザギザのも

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二人ともありがとうございます どうやらヒサカキをヤブサカキと呼んでいるようでした。 神主が持つのはサカキだけど 足りなきゃヒサカキでも良いそうです。

お礼日時:10/16 11:22

その他の回答(1件)

0

スマホが圏内なら、山で写真をとって、これはサカキですか?ってきけばみんなが答えます。 数枚の葉がついた枝ごと、写してください。葉の付き方、芽、枝(ヒサカキは枝の樹皮が特徴で見る人がみたら、枝だけでわかります)とかわかります。 どれを榊と呼んでいるかは、地域によって、違うので、多少注意はいりますが。(寒い地域では、ソヨゴをサカキの代用品として使っているところがありました。) サカキとヒサカキという種類をとるだけなら、ここの住人は手伝えると思います。 地域名もあり、ヒサカキをビシャというところもありますし、そのヤブサカキが何を指しているのか、それがヒサカキのことか?を確認できるとよりいいでしょう。