矢野康治財務次官は、なんで財政をそこまで心配しているんでしょうか?

経済、景気 | 日本史231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:10/18 20:12

その他の回答(11件)

0

彼は日本の財政の担当者で今後の日本の財政が破綻しないようにする責任があるからです。 日本は先進国の中でも飛び抜けて借金が多い状況です。彼が恐れ心配するのは当然です。政治家を含め国民の多くが無関心や安易に考えていることが心配です。

0

日本の経済がどうなろうが国民生活が消費税増税で破綻しようが 財務省の彼には興味がありません 財務省が心配しているのは赤字国債が増える事だけで、後世に 誰もこの事態を止められなかったのかと指弾されることだけです その事態をナゼか消費税を増税することだけで乗り切ろうと、意味不明 な方向に世論を誘導しようとしています 本来はプライマリーバランスを改善するためなら、GDPの55%を超える 一般消費を拡大するために消費税を減税することで一般消費を喚起し 国内市場を活性化することで企業活動を盛んにし法人税と所得税の 増収を図るべきです たとえ一時的に消費税が減収となっても法人税と所得税の税収が補って 余りあるために、政府の歳入は結果的に増収となるのです しかし実現するためには現在の政官財の岩盤の利権構造が反対勢力で 財務官僚の幹部たちは孰れ民間有力企業に天下りすることしか考えて いないため中々実現しません

0

税収以上の予算組み続けて不足分は国債発行で補っているのが現状です。 国債発行で借金ができている内はバラマキはできます。 矢野氏は借金ができなくなる日が近いと思って発言されたのでしょう。

1

まぁ、他の回答者様も書いているが、財務省の立場を心配しているのであって、財政を心配しているわけではないよ。 ばらまきや財政拡大を長期的にやっちゃうと今まで嘘ついてたことが国民にバレちゃうからねぇ。そうなったら、財務省の地位なんてもんはなくなっちゃうね。 しかも、おっ○い揉めなくなっちゃうしw(○田事務次官だったか)。 財務省は、国民の受け取り方が、質問者様のようであってほしいと、心底願ってるでしょうね。 逆転ホームラン案を国民の為と装って、必死に考えてると思いますよ。

1人がナイス!しています

0

財政を心配しているのであれば国会議員を目指すべき。心配なのは自分の今後の身の振り方を考えている。