回答受付が終了しました

鉄道会社(私鉄)に勤務している友人がいますが、もう25年近く『運転士』をしています。

回答(3件)

0

助役や乗務区長ともなると、乗務区のトップや管理者でしょうから、乗務に関する知識技術だけでは無く組織のマネジメント能力も必要です。昇進できないのならそういった能力が不足しているのと、コネが無いからです。企業ですから途中までは昇進できますが、それは普通のレベル(勤続年数で何とかなるレベル)の話し。もうワンランク上になるには、その方を見い出し引っ張り上げるチカラ(組織内の人事権)がある人が必要です。 他人より秀でた知識と技術は必要ですが、運も必要です。 ただし、管理職よりも、現場技術者の実質的なトップのが良い、やりがいが有るって人もいます。中途半端に出世しても言いたい事も言えずストレスだけが溜まるって人だっています。出世だけが会社人生では無いです。

1

・運転士として現役であり続けたいと考えている(昇進や異動の辞退)。 ・運転士の次のステップに適性が無い、或いはもっと適性のある人がいる。 ・運転士として確かな技術を持っており、別の職種に就かせず、後輩の育成に徹する。 上記のいずれかだと思います。

1人がナイス!しています