日本の格差対策。 消費税廃止 物品税(贅沢税)復活 累進課税強化 金融所得の分離廃止で総合課税 これで、けっこう良くなりませせんか?

政治、社会問題 | 税金124閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(6件)

0

資本主義国家の中で落ちこぼれた貧困層をどう助けるか?という議論でなければならない。格差対策って銘打っちゃうと中国共産党の掲げた「共同富裕」になっちまう。 富める者から引き剥がすことをやると、国外に逃亡しちゃうのよ。それぐらいの知見もあるし、合法的に応援する連中もいる訳。SBの有名人がソレ。 消費税、宗教と反社とナマポを代表とする補助金不正受給者から税金徴税するにはこの方法しかないのよ。 他の徴税方法も資本主義国家としては限界だと思うのよねぇ。 それより、国民の預貯金1000兆円超と企業の内部留保の現預金部分の貯め込む理由を深掘りして、問題の本質を炙り出し、そこの解決策を10年、20年、50年の展望として国民一人一人に染み込ませないと、経済は復活しないと思う。 国内企業の9割が中小零細企業で経営者たちは、国民レベルの気分な訳。それを、景気は気だから、将来不安の払拭が鍵なんだけど、何だと思いますか? 先日のバラマキ批判も 会社でいうと貸借対照表の負債の部、と損益の損の話しか書いてない。財務省って過去30年以上、1963年から同じこと言ってると思う。国が滅ぶから増税させて、、、って。 資産の部と損益の益の部分とキャッフロー表を公表して、国の財政はこんな感じなので、ローン抱えててもマンションあるから大丈夫、って言えば、良いんです。

でもね、カネの為に海外に出る人はそれで良いと思うんですよ。 居たところで、有事にはなんの役にも立たないし、戦争になったって、自分のカネのことしか考えないでしょう? カネ持って海外に出たら、国籍剥奪で、生涯日本に入国禁止で良いと思うんですよねー あと、資本主義の落ちこぼれとは言うけど、落ちこぼれが居るから私たちは、億単位の資産を持てるわけで、彼らがみんな優秀だったら、こちらの資産もバラけて小さくなると思うんですよねー 勝ち組は負け組のお陰でもあると思ってます。

0

収入格差ですが、努力や個人の長所等でも差が出るので、差は自然に出来ます。ただ、国民共通のどの様な格差是正の制度が良いかです。格差是正には、所得税累進税率や、社会保障等が有ります。 消費税は、公共サービス(社会保障費等)の給付を全般の人が負担することなので、必要と思います。消費税だけですと、収入の少ない人が困るので、所得税累進税率とセットで、負担しています。 教育支援を増やしてはとの要望が有りますが、相互扶助の制度ですので、自分も負担する考と思います。給付該当者は、負担より給付を多く受けます。該当を外れると、相互扶助で助ける側と思います。 所得税累進税率ですが、所得税最高税率は55%(住民税10%含む)で、先進国の中では高いです。少し下げる方が良いと思うのですが。先進国の中では、格差是正は進んでいると思いますが。 所得税率が高いと、人材育成には不利ですね。税率は人材育成に社会人に成る人にも説明しますので、格差是正が強くても、人材育成に不利と思います。経済にはマイナスですね。バランスと思います。他の先進国より経済成長は少ないので、人材育成の意欲向上に説明頂くと良いですね。 経済成長が良く成り、雇用が増えると、賃金が増えるので、格差是正に成りと思いますので。

1

代替案を出す必要が有るのは『格差是正をしなければならない』という場合のみです。 現在の日本レベルであれば格差是正などする必要が有りません。 よって代替案も不要です。『現状のままで良い』のです。 日本は共産主義でも無ければ社会主義でもありません。 生活がままならないほどの格差は社会保障として取り組む必要が有りますが、過度に格差を埋める必要もありません。

1人がナイス!しています

0

怠け者は 不労所得が好きなので 泥棒政策が好きです 馬鹿な泥棒好きの金持ちは 消費増税 所得税減税 法人税減税を 求めますし 馬鹿な泥棒好きの貧乏人は 消費減税 所得税増税 法人税増税を 求めますが 円安4倍にして 日本産品の円価格横這いで 日本産品のドル換算価格を1/4に 安くして 世界90億人が、中国産品ではなく 日本産品を買うように誘導して 世界に売りまくり 受注しまくって 工場や農地を遊ばせずフル稼働で ぶんまわして 働きまくって、 モノを作りまくって輸出しまくって 海外からカネを吸い取らないと 日本の国民所得=国内総生産は 増えないのです 怠けて泥棒して 不労所得を 得ようとする コジキ根性を捨て 世界商戦で、中国との安値競争に勝って 中国を蹴落として、我々日本が受注して 工場フル稼働で働きまくって 作りまくって、輸出しまくってこそ 経済成長率8%の栄冠を 中国ではなく、我々日本が手に入れられる