回答受付が終了しました

家庭菜園での土づくりについてです。 土をフカフカにする為に、もみ殻以外で何か代用できるものはありませんか? 敷きわらがありますが、代用になりますか?

1人が共感しています

回答(5件)

0

ちょっと待てw 土をふかふかにすればするほどいいとおもっていませんか? 何でも「適量」があります。籾殻を大量に入れると、窒素飢餓の恐れがあるし、空間が多すぎるとすぐに土が乾いていしまします。背の低いものならいいですが枝豆やトウモロコシのような作物は簡単に倒伏してしまいます。キュウリなど支柱を縦よとしても支柱ごと倒れてしまいます。 素人が「ふかふか」と感じるほど入れるのは完全に入れすぎです。 土を団粒構造にすればいいので、堆肥を入れればいいです。安価なものなら牛糞堆肥。腐葉土やバーク堆肥など有機物でできた堆肥なら何でも使えます。

0

藁をひいていて、そのあとに細かくしておけば そのまま代用できると思います。 ただし、細かくしないとぶっ刺さるので痛い。 耕運機がそこまで壊れないとても良いものを使っている。 以外の理由がないなら、特に問題ないと思います。 あと、籾が育成に影響することはありません。 それは土の差?土地の差かな。 は、あると思います。 基本的に私のように粘土質なら籾の方がいいですけどね。 腐葉土を使っているところは基本的に籾も藁も必要ないですから 関係ない話ですから、個人によって話が違うとは 当たり前の話だと思います。 あと、雑草は種になる前なら問題は無いけれど あれらは根を抜いても完全に種を作ってくるぐらい強いから 好きではないです。 そのうち、ボーボーに雑草が生えてくるのが目に見えているので 出来るのは、除草剤を使っている畑だけだと思います。 というわけで、何が妥当で、何が問題点かは きっと個人的な問題であり、土地柄の話があります故、 ご近所で話を聞くのが一番かと個人的にはおもったりします。 その時には手土産を持ちながら、仲を深めていけば ご近所付き合いとて生まれるやもしれませんので バカには出来ない話です。

あと黒マルチもありますけれど 良い所もあれば悪い所もあります。 今日も今日とて、モグラとネズミとイタチとその他諸々が 黒マルチを破り捨てて土に持って帰っていたり 空に持って行っていたり 道路に落として行ったりと様々ですから 黒マルチも考え物です(SDGsの観点です)

1

土を育てるのは土の中に棲む、ミミズ・虫・微生物です。良い土に育つためには彼らの餌となる有機物を継続的に入れてあげる必要があります。 最も一般的なのは堆肥です。 堆肥は土に混入してすぐにでも栽培を開始できます。 生や生に近い有機物も有用です。利用しやすいのは、籾殻、藁、落ち葉、雑草などです。土に混入した当初は土の中の窒素が消費されたり、発酵熱やガスが出て植物の根を傷めたりするので、栽培までにある程度の期間を開ける必要があります。 一方、堆肥と違って、分解の全工程が畑でおきるので、単位重量あたりの土壌改善効果は高くなります。 晩秋に籾殻や落ち葉などを混ぜ込んで春を待つのはよく行われています。これらは無料で大量に入手しやすく、土に混ぜやすいことも利点です。 ただし、これらはC/Nが高い(炭素が多い)ので、分解に時間がかかり、効果が実感できるのに数年かかると思います。 私が使うのは雑草や緑肥です。畑に適度に生やしたり、刈った草を野菜の株元に敷いたりします。土に混入しないので、野菜栽培中でも何の問題もありません。 虫は増えます(たぶん、害虫も益虫も)。生物相が豊かになるせいか、虫害はむしろ少なくなるみたいです。

1人がナイス!しています

0

堆肥を土に混ぜます。 種類はいろいろありますが、主に牛糞堆肥、バーク堆肥、生ゴミ堆肥(家庭から出る生ゴミで手作りする)がありますね。 雑草、落ち葉を材料に堆肥を作ることもできます。 また、堆肥ではなく腐葉土もいいですよ。土がフカフカになります。

0

まず初めに。 家庭菜園だともみ殻は使わない方がいいよ。 で、敷き藁なら使えるよ。 牛糞堆肥やバーク堆肥の方がいいがね。