回答受付が終了しました

子供の学力は両親の遺伝によるものが大きいのでしょうか? 私は努力次第だと思うのですが。 実は、息子が中学受験を控えており、都内大手進学塾の最上位クラスにおります。

2人が共感しています

回答(33件)

1

遺伝と環境がニ大要因なので、遺伝はかなり関係があります。 私も親戚中、最低でも関関同立、早慶や国公立も結構いますし、遺伝もあるのかなと体感しています。 また、私は塾講師なのですが、結構な数の生徒を見ても、成績の良い生徒はやはり親が勉強が得意だった、高学歴だったという場合がかなりあります。 一方で、環境もかなり大事です。賢い親の場合なぜ賢い子どもになりやすいのかというと、わからない問題に出会った時の対処法や、勉強にどうやって取り組めばよいか、勉強するメリットなどを子どもに教えることができるからです。 逆にあまり勉強が得意でなかった親の家庭は、勉強なんてしなくても生きていける!と教えていたりするものです。 実際、昔赤ちゃんの取り違えが起こり、裕福で賢い家庭の子が貧乏な勉強熱心でない家庭に育ったパターンがあったのですが、その子は優秀な遺伝子を持ってるはずなのに中卒か高卒で、かなりの低年収になり、逆に貧乏な家庭に生まれたものの裕福な家庭の子として育てられた子は、有名大学に行ったという事例が日本であります。 そのため、あなたのお子様が勉強を頑張ろうという気持ちにさせている源に、きっとお母様の教えも含まれていると思います。 お父様の遺伝子だけでなく、お父様とお母様の日頃の教えもまた、必ず影響してるはずです。

1人がナイス!しています

1

家庭教師・塾講師経験者です 正直申し上げますと 遺伝が無関係とは申しません 一概に、高学歴の親御さんの子供は成績が優秀です では、高学歴ならば必ず成績が優秀とも限りません 東大の次の難関大(バレバレですが)の父親で母親が秋葉原の隣の駅の女子大(これもバレバレですね)のご子息ですが 全然勉強せずに中2まで来て、急に成績が下降し中3でも勉強グセがないので公立中堅校も怪しくなり、退塾して転居・・・実話です 私の持論ですが 親が子の勉強する環境を整えて子が自ら進んで勉強することが癖になっていれば成績優秀になる 勿論、遺伝的な地頭と云われているものは否定しないが、親御さんの所作(新聞・本をよく読む、テレビはニュース、ドキュメンタリーなどが中心でバラエティなどは少ない、スマホに依存しない、ゲームもしないかのめりこまないなど)に大きく影響するものと考えます 子は親の鏡というではないですか

1人がナイス!しています

2

塾でずっと人を教えてました。父母面談するとそういう傾向があると思います。でも例外もあるし両親がよくても子がダメな例も・・・・・ 学力は遺伝しますが、性格も遺伝するでしょう。100%ではなく一部分です。でも努力しなければいずれ高校位で不成績になったりします。両親の育て方と遺伝した性格と、同じく地頭の良し悪し・・・・上手の育ててください。 えてして成績のいい子の親は「人を馬鹿にする」傾向を感じ、それが子の性格や言動に反映しがちですから・・・ 東大出ても社会で使い物にならない人も多いでしょ。

2人がナイス!しています

0

遺伝は、宝石の原石のようなものだと思います。 磨く=努力となります やはり、ダイヤの原石なのか、エメラルドの原石、ルビーの原石なのか、その差が能力、才能の差だと思ってます。 ルビーの原石を磨ききってルビーとして輝いても、磨き切ったダイヤの価値には及びません。(でも、まぁルビーはルビーで価値はとてもありますから、そういうのは別の話になりますが適材適所になるかなと) 原石のままでは、息子さんはそこまでの成績は得られなかったと思います。 やはり本人がとても頑張ったからだと思います。 遺伝だからと言われてしまっても間違いではないです、でもそれだけじゃないです。ママ友も貴方の母も確かにそういう要素はあるとは思いますが、失礼だなとは思いました。

0

人生は、単純ではない。それが真実です。 名門を作っている家系にも落ちこぼれ入る。無名な貧しい家から社会的、学問的に素晴らしい人も生まれる。 目標を持って努力を続ける人が、最後は花開くのです。