武田勝頼のように味方や家臣の武将が裏切ったり敵武将に寝返ったり次々敵との戦いを放棄し敵前逃亡の脱走者が相次いだり 敵武将と内通者スパイが相次いだり しました 小山田信茂 穴山梅雪など

日本史 | 世界史126閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/24 17:35

その他の回答(4件)

0

天正元年の朝倉義景が同じような状態ですね。 浅倉義景は小谷城から撤退し、近江越前の国境付近の決戦で敗れて本国に逃げ帰りました。その後は、つぎつぎと配下の諸将に裏切られ、軍は崩壊。その最期は、従兄弟の朝倉景鏡に攻められ自害するという悲惨なものでした。たった6日で、越前朝倉家は滅亡となりました。