庄氏将大炮保留在院内,据说是将其视为镇宅之物,以为可以辟邪祛妖。居室外面白天站岗放哨4人,夜间巡逻4人,黄布包头,背长枪的巡捕,警卫不可谓不严实。还有厨师3人,有花匠1人。

中国語 | 中国史14閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:10/16 6:54

その他の回答(2件)

0

荘氏は大砲を院内に残し、それを町宅の物とみなし、邪悪な妖怪を掘り開くことができると考えたという。 屋外の駅のガードポスト4人、夜間パトロール4人、黄色の布の頭、長い銃のパトロール、警備員は、厳密ではありません。 シェフ3名、花屋1名。 家の中には、皇帝との集合写真が飾られています:皇帝の世代として、Zhuang氏の誇りと誇りはどこからともなく現れます。 このような恐ろしい住居は、泥棒に飛んだ。

0

荘氏はこの大砲を中庭に置いていましたが、邪気を払い、悪魔を退治してくれると考え、心を落ち着かせるものと考えていたと言われています。住まいの外には、昼間は4人の男が見張りに立ち、夜は4人の男がパトロールしている。頭には黄色い布を巻き、背中には長い銃を背負っているので、見張りは厳重ではない。また、料理人が3人、花屋が1人います。 家の正面には玄武皇帝とのツーショット写真が飾られており、皇帝の教師としての荘のプライドと自己満足が随所ににじみ出ていました。 空き巣が飛んできたほどの威圧感のある住宅でした。