右翼が共産主義を憎悪するのは、右左の問題以前に 天皇制という君主制信奉者が君主制を否定する集団とは相容れないからではないのですか?

1人が共感しています

その他の回答(5件)

0

右翼によらず、宗教以外の理由で反共産主義って人は、 共産主義のいう「平等」を信用してないから、だと思います。 カルトの人もいるはいるでしょうが、おおかたの人は、 「金持ちもビンボー人も、責任ある立場の人も、保護を受けないといけない人もいろいろいるなか「平等」って誰が決めんだよ?お前らが決める決めれる? って信用できないんだけど。それこそ旧ソ連いまの中国、北朝鮮みたく、 「お前らルールで新しい身分差」が出来るだけじゃん。 しかも潰れたり、独裁だったり、すでにその主義を捨ててたりする。 それなら、昔からこの仕掛けでうまく廻ってる今がいいんじゃん」 と考えてるのかなと思います。

0

それもあるけど、「全ての人間を平等に」という思想も相容れないから。 そもそも共産主義を崇拝している左翼は、「俺が不幸なのは上の人間に虐められているからだ。」と思い込んでいるからなので、無理やり全てを平等にする共産主義に憧れる。 右翼は逆に、「俺が不幸なのは下の人間が足を引っ張っているからだ。」と思い込んでいるので、平等なんかにしたらますます不幸になってしまうので、共産主義を憎悪している。

0

ありもしない天皇制と戦ってるカルト集団に言われる筋合いじゃないわな。

1

究極の平等思想なので、富裕層、経営者などから蛇蝎の様に嫌われます、裏で金を右翼に渡しているのでしょう。

1人がナイス!しています