厚生年金は70歳を迎えた月の翌月から受取年金額が変更になると理解したのですが、それならば70歳を迎える月分も年金の掛け金を徴収するというのなら納得いくのですが、

年金168閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすくありがとうございました。

お礼日時:10/21 19:52

その他の回答(2件)

0

70歳を迎えるのが誕生日の前日というのは1日生まれだけではなくすべての人です。 10月10日誕生日の70歳到達日は、10月9日で、10月1日生まれは9月末日です。ゆえに加入は8月までになり、9月分から改定されます。 年齢を重ねるのは誕生日ではなく誕生日の前日と法律できまっています。てないと、うるう年に生まれたものは、4年ごとにしか年が重ねられません。 年金の強制加入は、20歳から60歳到達日の前月までです。前月までで40年で480月になります。誕生月までいれたら481になってしまいます。 年金保険料の法定納付期限は、該当月の翌月末日です。喪失月までをカウントしたら、納付確認ができる翌月までまって改定することになってしまい、誕生日月に改定できません。

1

今は働いている? 年金はもらっている? 情報不足です。

1人がナイス!しています

70歳の誕生日を迎える社員の方の社会保険料徴収についての質問になります。年金はもらっているときいています。誕生日後も給与の減額などなく働かれる予定です。