ID非公開

2021/10/16 18:58

1010回答

中国が日本や台湾を攻撃し、占領することによって生まれるメリットは何ですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

第3次世界大戦となってしまったった場合はどちらか完膚なきまでにやられたったった時か、痛み分けで仲裁したったった感じで終わったった感じになると思います。

1

<中国が日本や台湾を攻撃し、占領することによって生まれるメリットは何ですか?> 中国が日本を攻撃することはありません。 というのも、日本はもともと中国ではないから攻撃する意味がありません。中国が日本を攻撃しても、中国は日本を領有できないので、そんなことをしても無意味なのです。尖閣諸島については中国も領有を主張しているけど、それぐらいのことで日本全体を攻撃するなどあり得ません。 日本が中国を攻撃しなければ、中国が日本を攻撃することはありません。日本人が中国に攻撃する可能性の方が高いんじゃないかなあ、と思います。 「今度こそ中国を植民地にしてやる。」とか。 日本が中国を攻撃したことが何度もありました。日本人は懲りない面々なんで、またやるかもしれないと思います。 台湾は日本よりは中国に攻撃される可能性は高いです。というのも台湾はもともと中国なので、「言うことを聞かない」と頭に来て、妻に暴力をふるってしまう家庭内暴力夫のような感じです。しかし、中国は今後、今の三倍の一人当たりGDPにしたいと考えているので、今戦争するのはありえません。一人当たりGDPが三倍になった30年後なら、台湾を攻撃することもあるかもしれませんけど、今はそんなことをしている場合では全くありません。 台湾が中国を攻撃でもしなければ、中国は台湾を攻撃しないと思います。 しかし、台湾の自作自演で「中国に攻撃された!」と騒ぐことは考えられます。アメリカもその手を良く使うので(ベトナム戦争などで)、要注意かもと思います。 そんなわけで、まだまだ中国は発展途上なので、戦争を仕掛けることはないと思います。大規模戦争にならない範囲で、公海上に施設を作ったり、インドと小競り合いぐらいはあるでしょうけど。

1人がナイス!しています

1

中国の一般国民にはデメリットです。習近平が、独裁政権に対する国民の反発を回避するために対外的な強硬策を取っているのです。ロシアのプーチンがクリミア半島を攻め取ったり、ナチスドイツがオーストリアに攻め込んだり、イラクのフセインがクウェートを占領したのも独裁政権を維持するのが目的です。独裁者は言論弾圧と対外武力進出をしないと国内の反乱で倒されてしまいます。

1人がナイス!しています

1

東シナ海、南シナ海、日本海、を制覇し西太平洋の制海権 まで危険になるのです。

1人がナイス!しています