ID非公開

2021/10/16 21:30

44回答

年金支給額で、なぜ、厚生年金の支給額では中央値の男子18万でなく、平均値14万を使うのですか。同じように国民年金の支給額では中央値の女子6.5万でなく、平均値5.5万を使うのですか。

年金 | 政治、社会問題192閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 いろいろな、お方のいろいろな立場での考え方が、集まりましたので、終わりとします。

お礼日時:10/17 10:03

その他の回答(3件)

0

>中央値の男子18万 それ、男子の平均値です。平均値14万は、男女全部での平均値。 なお、数学では、平均値は、中央値より多くなるのは、常識、数学的素養無しとみた。中学レベルの数学から勉強しなおし・・・。 なお、単純平均のそれら欠点を補完すべく、加重平均等の方法も多数あるが、単純平均が計算も簡単なため用いられている。

0

その理屈だと、支出も中央値を使わないと矛盾するからです 現実的なイメージとしても、毎月の年金23.5万で、毎月23.5万の支出をするような生活は貯蓄ゼロならしないでしょう。 中央値でも平均値でも所詮はマクロの話ですから、個々人で必要な額は分かりません。 ですが「何かの作戦」のような現実逃避は危険ですよ

ID非公開

質問者2021/10/17 7:34

生命保険センターが示す年金生活者の姿は2017年の統計から年金収入22万に対し支出が27万、不足の5万円を預貯金から補います。ここから65歳時に預貯金が2000万ほどが必要の根拠とします。 つまり、あなたの知識とは違います。 なお、最新の公表されたものでは、2020年の統計だと年金収入が月219,976円で、消費支出は月224,390円です。不足は毎月4,414円となっていて、例の2000万円の計算と同じ方法なら65歳時の必要預貯金は416万となっています。ここで、年金収入の中央値を使うと、十分、暮らせることになります。 これも公表値です。