大学生が社会勉強のために読むべき本とはどのような本なのでしょうか? これまで小説しか読んでこなかったため、社会勉強に役立つ本やその探し方がわかりません。

読書 | 公務員試験83閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

1は、文庫ですが、民主主義は人文科学の中心だからどんな新書、文庫を読むにせよ、中心テーマとおもいますよ。 1 民主主義 (角川ソフィア文庫) 「民主主義のほんとうの意味を知っている人がどれだけあるだろうか」 「民主主義」――果たしてその意味を私たちは真に理解し、実践しているだろうか。昭和23年、文部省は新憲法の施行を受けて当代の経済学者や法学者を集め、中高生向けに教科書を刊行した。民主主義の根本精神と仕組み、歴史や各国の制度を平易に紹介しながら、戦後日本が歩む未来を厳しさと希望をもって若者に説く。普遍性と驚くべき示唆に満ちた本書はまさに読み継がれるべき名著といえる。全文収録する初の文庫版! 『文部省著作教科書 民主主義』──この本は、当時の文部省が書いて、1948年から1953年まで日本で使われていた教科書の復刻版です。 社会学者の西田亮介さんが、この教科書「『民主主義』は、GHQの指示のもと、法哲学者の尾高朝雄が編纂したもので、現在ならおそらく大学で使うにしても難しく感じるほど守備範囲が広く、内容が充実している。民主主義とは何かからはじまり、その留意点、ファシズムや独裁との差異、資本主義と社会主義の対立、日本における民主主義定着の歴史、民主主義を維持する方法論等々、この本を1冊読めば一通りのことはわかる」と。 2 あとは、ここでおすすめしています。8は、新書ではありませんが、自伝のようなものだし、難しくないはずです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14249847804 3 公務員試験受かる勉強法 落ちる勉強法 本書は、大卒程度の公務員試験(国家公務員一般職、地方上級レベル[市役所・警察官・消防官]を含む)を対象とした、受験勉強法および参考書選びの本である。 ほとんどの受験生が知りたいであろう、 ・合格するには、何から手をつければいいのか? ・「点になる科目」と「捨て科目」とは? ・勉強すべき順序と、合格へのスケジュール ・どの参考書や問題集を選べばいいのか? ・参考書や問題集の使い方 などについて具体的に説明し、さらに肝心な、 「どういうふうに勉強したら、点になり、合格できるのか」 について、詳しく解説してある。 急増中のSPI・SCOAにも対応! 使うと合格する本、落ちる本83冊を徹底紹介! 目次 第1部 初公開!本当はこうすれば合格する これが誰も教えてくれなかった「最速受験術」だ! (まず敵を知ろう!-何をどこまでやるか/「何から手をつければいいのか?」の本当の答!-予備校は要らない/受かる本・落ちる本 ほか) 第2部 合格ラインにもっとも速くゴールする方法1 科目別「最速受験術」 教養試験 (文章理解ー受かる本・落ちる本/数的推理ー受かる本・落ちる本/判断推理ー受かる本・落ちる本 ほか) 第3部 合格ラインにもっとも速くゴールする方法2 科目別「最速受験術」 専門試験 (法律系科目/行政系科目/経済系科目(心理学・教育学を含む) ほか) 4 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 ファクトフルネスとは――データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。 賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。 世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。 * ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛! 「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」―ビル・ゲイツ 「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」―バラク・オバマ元アメリカ大統領 特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。 ◆教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介 本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。 これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。 また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。 ファクトフルネス紹介 中田敦彦の動画 【FACTFULNESS①】 ビル・ゲイツやオバマ元大統領が大絶賛した名著! https://www.youtube.com/watch?v=zGKLgcTn7YY 【FACTFULNESS②】 悪い状況と良くなっている傾向は両立できる!現状だけを見て叩くのは誰の得策にもならない https://www.youtube.com/watch?v=3L-JFZraI_I 【FACTFULNESS③】 事実を基に行動すれば人類の未来はもっと前に進める! https://www.youtube.com/watch?v=WRq1A_jeLKQ&t=0s

1人がナイス!しています