裁判って、裁判によって、判決が違いますよね。 もちろん、根拠条文があって(それには絶対に反していない) そして、裁判において、弁護側や検察側の主張を交え、 裁判官が判決をくだす。

法律相談67閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:10/23 0:29

その他の回答(5件)

1

裁判員裁判ならば,それぞれ裁判員の意見を聞いたり纏めたりしますが,裁判員裁判でなければ,自分の判断ですよ。合議審の場合は多数決になりませが。

1人がナイス!しています

1

法律に書いてある通りで終わるのなら 裁判する必要もないでしょう。 結局は書いてないこと(解釈)だけだと 思います。 これは人によって真逆にもなります。 その考え方を納得させるだけの 話術で勝敗が決まるでしょう。

1人がナイス!しています

1

事案が異なれば判断も変わります。 同じレシピで作っても、材料が違えば味が変わるのと同じです。

1人がナイス!しています

1

判決は、過去の判例の積み重ねでもあります。 同じような境遇の被疑者が、同じような背景で同じような犯罪を犯し、その結果が同じ程度であれば、同じような刑罰の判決になります。 逆に言えば、境遇・背景・罪種・結果…などが違えば、刑罰も変わってきます。 裁判官は、過去の判例と、個別の事情を勘案しつつ、各法定刑の範囲内で刑を宣告します。

1人がナイス!しています

0

質問意図が判然としませんが・・・ だから、犯罪の構成要件の問題をいっているのか、それとも、刑事裁判官の自由心証主義をいっているのかさ・・・ だから、もし、そういう意味なら、↓のwikiの解説を参考にして考えてみたらどうですか・・・ ―――――――――― 自由心証主義の内容 刑事訴訟上の自由心証主義は、証拠の証明力の評価を裁判官の自由な判断に委ねることを意味する。 関連する諸制度 自由心証主義といっても、一定の合理的枠組みを持ち込むために、刑事訴訟法には裁判の適正を担保する諸制度が置かれている。 証拠能力の有無 - 違法な手続で収集された証拠には、証拠能力を認めることができない。 自白に関する補強法則 - すなわち、自白が唯一の証拠である場合には、有罪としてはならないという規定である(憲法38条3項、刑事訴訟法319条2項)(自由心証主義の例外)。 上訴制度 - 判決に理由を付さなかったり、理由に食い違いがある場合は、控訴理由になる(刑事訴訟法378条)。事実の誤認があった場合(同382条)も同様である。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%BF%83%E8%A8%BC%E4%B8%BB%E7%BE%A9