ID非公開

2021/10/19 7:28

55回答

ヨーロッパのパンは固めに焼き上げてることが多いのは何故ですか?

菓子、スイーツ | 料理、食材69閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

唾液も関係しているようですよ 欧米人は唾液が多い 日本人は唾液が少ない。だからしっとりふわふわなパンじゃないと食べにくい。

1人がナイス!しています

1

何でもかんでも柔らかくする日本人の方が独特なのですよ。あちらが本来の味。

1人がナイス!しています

1

ヨーロッパのパンが普通で、日本のパンが変化形だと思ってました。 自分の生まれた街は、歴史的に海外との交流が盛んでしたから、ちゃんとしたフランスパンなど、硬いパン屋がたくさんありますよ。 ドイツや、イタリアのパンもありますし、市民も自分のお気に入りのパン屋を持っています。 ヨーロッパ旅行をした時も、パンがおいしいと思いましたね。 反対に中国旅行の時は、形は食パンでも、食べたら蒸しパンでした。( ´∀` ) お国柄ですね。 ケーキ店が ケーキ窯で作ったしっとり柔らかパンが人気で、有名になったところもあります。 好みですから、どっちでもいいとは思いますがね。

1人がナイス!しています

1

まず、ヨーロッパの小麦にはグルテンの量が少ないのです。 その分固いパンになりやすいのです。 また、パンは遠征の際の保存食でした。固いパンは保存ができたので重宝したのです。

1人がナイス!しています