ここから本文です

幽霊否定派の館「F1・客室」

さん

2009/4/1213:13:39

幽霊否定派の館「F1・客室」

想像するべし


「自分より大きなものが存在しない」
「自分より小さなものが存在しない」


人間の知覚できる限界点を超えているそうだ

別段想像できないからといって幽霊肯定否定に直接関係はない


けれど理論で全てが肯定、否定ができるわけじゃないということを

それで知覚してくれ

いわゆる四次元だの異次元だのを
現実、今の俺たちが分かるのはまだ無理だ



二次元に三次元は理解できないだろう?

絵に立体的な三角形を描いても
それは三次元ではない

三次元で四次元はこうだ、と力説しても
それは四次元ではない


つまり幽霊の存在を肯定したり否定するのにおいて

次元の話をすること自体が問題だと思う


完全否定は出来ない

完全肯定も出来ない


だから一つずつ問題点を潰していきませんかね?



幽霊の存在の立証に
正体の分かっていない四次元を引き合いに出すのは
卑怯じゃないか?

閲覧数:
572
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

つぐみさん

2009/4/1222:07:12

卑怯とは思わないですよ。
仮説として提出するのは十分ありです。
しかしその内容について「科学的」に語るのなら蓋然性について説明しないのは卑怯だと思います。

というか、三次元の私たちでも二次元に干渉できないでしょう?
私たちの干渉している(と考える)二次元とは三次元空間で生み出された疑似二次元であり決して二次元ではないですよね。
同じように異次元仮説が採択されるためには「異次元の存在証明(重力の逃げ場としての余剰次元は理論上十分ありうる)」と「異次元が幽霊の世界であることの証明」、さらに「高次元の(あるいは低次元の)存在は低次元(別次元)に干渉できる」というまったく違う複数のことを証明しなければいけませんよね。
それをせず、また蓋然性も示さずに「十分起こりうること」としてすべてをまとめて語ってしまうのは乱暴であると考えています。
証拠がないのなら科学的根拠があるように想像で語らないでほしいと考えています。
なぜならそれは科学の信用性や蓋然性の高さという特徴を貶めるものだから。

「現在の科学と矛盾しない」ことは「科学的証明」の前提条件でしかないですよね。
むしろ私は「現在の科学と矛盾してもいい」とすら思ってますよ。その理由がちゃんと(メカニズムが未知だとしても)示されれば私は納得できます。


つまり、科学の領域に入るなら科学のルールに従ってほしいし、入る気がないのなら紛らわしいことを書くなと言いたいだけです。
「科学の信用を貶めるな」と考える懐疑論者は私だけかもしれませんが、仮説の根拠や蓋然性を提出しろというのはほとんどの方がそう考えていると思いますよ。

で、一つめの問題点として「まだわかっていないことを逃げ道に使うのは卑怯だ」っていいますが「条件付きで問題ない」というのが私の回答です。


ところで仮説は四次元なんでしょうか?
てっきりこの世界を時間も含めた四次元して五次元なんだと思ってました。
この幽霊五次元存在説がどうやって広がったのか(血液型性格判断でいうなら提唱者は竹川氏だが、広めたのは能見氏)が知りたいんですよね。そういう意味ではこの問題提起は「あり」ですね。

質問した人からのコメント

2009/4/16 21:39:06

そうですなー・・・
よく分かっていないものを完全肯定、完全否定は駄目だよなぁ

それに今ここで幽霊はいる、いない、って分かっちゃったら
未来の子供たちが退屈な幼少期を過ごしちゃう^^;

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2009/4/1410:57:08

個人的には卑怯だと思いますね。
というか、論理的に破綻している。
どなたかが書いていらっしゃいましたが、他次元の存在は理解出来ない訳でしょう。
どういう物かという理解ではなく、知覚ね。
絵画や写真にも、ちゃんと厚さは有るし、線だって幅が無ければ見る事も不可能で、点も然り。
なら、幽霊が4次元の産物だとしたら、見える事自体異常じゃないですか。
逆に幽霊が我々3次元の世界の住民に向かって「うらめしや」と言うのも同様に理解出来ません。
4次元とは何か、何故他次元の存在を認識出来るのか、を説明してから幽霊の話に入ってほしい。

mes********さん

2009/4/1407:55:37

幽霊の話も次元の話も時間軸の話も現在証明、体験出来ないから仕方ないのでは?
幽霊の存在を否定するなら実体のないものが見える為には、何かしらが発光していると考えるしかないけど発光する為のエネルギー確保が不可能であると考えられると言える。
肯定したいなら時間軸のずれた世界に存在しているとでも考えればいい。
正直なんとでも回答出来るのに完全肯定、完全否定できないから幽霊の存在の話は尽きないのではないだろうか。

ppp********さん

2009/4/1218:32:05

maskedriderskiさん?

ひょっとして

情報元はココかな?

http://plaza.rakuten.co.jp/mineralnoginga/diary/200903240001/#comme...


こういうの開も好きだけど・・・
残念だけど科学ではまだ認められていないなぁ

質量保存の法則に真正面からぶつかってるもん (>_<)

2009/4/1215:14:56

幽霊は「プラズマ」で完全解明出来ます。
人は死ぬと直ぐに「光の存在」に導かれて「あちらの世界」に行きます。
現在幽霊、悪霊、浮遊霊、地縛霊などと呼ばれているの「肉体を持たない超常(プラズマ)生命体」である「堕天使」です。

プラズマ生命体は科学にて存在が認められております。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる