コードを付けてみているのですが、お手上げです。どなたか教えてください。 ツェルニー30番 練習曲 3番 にコードを付けたいと思ってやってみている

作詞、作曲 | ジャズ227閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

丁寧にありがとうございます。 2番の10小節はCdim、Cであってますでしょうか?(汗) 2番の23小節はGdim7?(汗汗汗) いろいろ自信なくなってきちゃいましたwww(泣) 『具体的には「和声音と非和声音」から勉強しないと説明されても「…?」』 ↑クラシックの本にそういうものがあるのでしょうか?勉強したいので借りてきます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解答くださったお二方ありがとうございました。 お二人とも丁寧に解答くださってベストアンサーを両方とも選びたいかったのですが、お一人しか選べないのでサイコロで偶数奇数でえらばせていただきました。最初の方が奇数、二番目の方が偶数とさせていただきました。 偶数が出たためこちらの方を選ばせていただきます。 お二人とも丁寧に解説していただいてありがとうございました。 今後とも精進します。

お礼日時:10/20 21:38

その他の回答(1件)

1

3小節目までを解釈すると、多分 | C G7 C G7 | C G7 C C | G Gdim G Gdim | メロディー(上声部)を分析して、そこから和声の構成要素を抜き出し、それと下声部を組み合わせ、さらに中声部も加味するでしょう。 この時代の常識からしたら、和音表示はトライアドが主で属七など特別な場合に四和音表示くらいで、テンションまでは重視しないというか、それは楽譜にオタマで書かれているでしょってことだと思うでしょう。 ようするに根幹の和音の進行を示すには三和音くらいが分かりやすいでしょう。 この3番も、明確に四和音になっているところって、属七にして短七度と長三度の三全音を意識させた方がよさそうな場面ですし。 今日はもう眠いので、ここまでに致しとうございます。Zzzz..

1人がナイス!しています