2025年には火星は1月12日に地球に最接近、11月30日に最遠となりますが火星の会合周期は2年を超えるのになぜ同じ年に地球に最近、最遠の両方が起こることがあるのですか。 教えてください。

天文、宇宙 | 物理学55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

1月最接近時は火星は遠日点の3か月手前にあります。 11月に最遠となりますが、そのとき火星は近日点の4か月手前にあります。 次の最接近は2027年2月ですが、そのとき火星は遠日点の半月前です。 すると、1月最接近から11月最遠までに火星が動く経路は、11月最遠から次の最接近までの経路よりも太陽から遠くにあることが多く、そのために公転速度がゆっくりになります。地球の公転速度はほとんど一定なので、より短い期間で太陽からの中心角で180°の差がつくわけです。

画像