ID非公開

2021/10/20 21:38

77回答

自分の身を守るために強くなりたいです。

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

何をやっても危険から身を守るのは難しいので、 いっそのこと身を守るために、部屋から出ない。 親や知人に何を言われても、その言葉にブレることなく部屋からでない強い心を持つこと。 そのために、引きこもりの行動を見習うこと。

0

ナイフでも持つことです。 いくら女性とはいえ、ナイフを持った人を襲う人はいないでしょう。 振る練習は必須かと。 多分使うことはないでしょう。 そういう場所へもいかないだろうし よくいるのですが、ナイフなど持ちたくない。 格闘技を習っても、使いたくない・・・これと同じです。 相手に押し込まれてどうしようもなくなったら使うとか・・・馬鹿なことを言う人もいますが・・遅い。そんな状況で使えるほど甘くはない。 積極先手防衛の心構え・覚悟がない人は何をやってもダメですよ。

0

身を守ることが優先なら格闘技は勧めません。 護身術と銘打っているものはさらに勧めません。 襲ってくる相手が大きかったり強ければいくらあなたが 本格的に格闘技を練習しても撃退することはほぼ不可能 だからです。 武器を持っている可能性だってありますから、そうなれば 100%どうにもなりません。 力で屈強な男性に勝つのは無理ですが、かけっこなら 勝てるようにはなれます。 なにかあったら全力で逃げ切れるように、走るトレーニングを するのが一番有効です。 また可能な限りヒールやサンダルなどではなくスニーカーを 履くことも重要です。

1

基本的には、 危険な目に遭わないようにする 危険な目に遭いそうになったら、逃げる ということです。 なんの経験もない人が、これからがんばって何か習ったくらいで、ちょっとやそっと強くなったとしても、相手が強ければ一発でアウトです。 子供の頃から続けてきて、空手は初段、柔道は3段を取得している20代女子、同年代の人よりは強く体力もあるであろうウチの娘はそう言っています。 とにかく、危険を察知する感性を磨く、危険に遭遇したらいちはやく逃げる!に限ります。

1人がナイス!しています

0

筋トレして筋肉を20キロ増やすのと 総合格闘技を週4ぐらいで練習する。