鉄道って線路をディスクブレーキで挟むようにすれば停止距離が半分以下に短縮できるんじゃーないでしょうか!? いかがでしょうか?

補足

旅客機のように、全員シートとシートベルトで固定していたら もっと急ブレーキも掛けられるけど、立ってる人はいる場合はぶっ飛ぶ 停止距離が半分以下になったら乗客が耐えられなくなりますよ。 ーー返事、 少なくとも緊急時の停止距離が短くなりますから、 巡航速度を160キロまでアップする事ができますね!? 電磁吸着ブレーキもあるのだそうですね。 普通の急ブレーキでも乗客は吹っ飛んでトンデモになるのに、危険すぎる(笑) 有難うございます。 ーー返事、 特急や快速で全席着席指定にすれば良いですね!? ーーつなぎ目でシューが吹き飛ぶと思われるね。 有難うございます。 3m手前につなぎ目センサーを付けて、 ブレーキをオープンします。 そこはAIの力の出しどころ。 踏切? そこもAIの本領発揮、やりがい。 「線路をブレーキパッドで挟むようにすれば」 が、 正しい書き方。 ありがとうございます。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

旅客機のように、全員シートベルトなら 急ブレーキ掛けられる ーー少なくとも緊急時の停止距離が短くなる 巡航速度を160キロまでアップが可能 ーー特急や快速で全席着席指定にすれば良い 3m手前につなぎ目センサーを付けて ブレーキをオープンします そこはAIの力の出しどころ ドラムパットの先端は外側に向け、つなぎ目対応 踏切? そこもAIの本領発揮、やりがい 皆様ご回答有難うございました!

お礼日時:10/28 10:10

その他の回答(21件)

1

レールは結構消耗して交換するのですが、交換のたびにレールの継ぎ目の部分をどの様にそろえるのかという問題が出て来るので、実現は不可能だと思うし、停止距離が半分以下になったら乗客が耐えられなくなりますよ。 それと、鉄道事故で重傷の負うのは脱線が殆どだと思いますよ。

1人がナイス!しています

0

①構造上の問題 分岐器(ポイント)や踏切ではレールの片側がふさがっているため、両側から挟むことはできません。片側から押し付けただけでは十分な減速は難しいです。また、地面に近い部分をブレーキの部品が動くことになりますので、障害物(石、木、草など)が衝突してブレーキが破損したり、降雪地ではブレーキとレールの間に雪が噛み込んでしまうおそれもあります。 ②コストの問題 ディスクブレーキに使われるブレーキシューやローターは素材を工夫して摩耗に強いものが使われています。対して、レールは膨大な量の鋼材を使いますから、これ以上耐摩耗性を高くすることは難しいです。レールを挟むブレーキだとレールの摩耗が早くなり、交換頻度を上げる必要が出てきます。駅近くなど、頻繁に減速する箇所など減り方の偏りも出てきて、メンテナンスコストはさらに高くなるものと思います。 なお、先の方が仰っている電磁吸着ブレーキは、高速域からの非常制動で車輪を止めるブレーキと併用して補助的に使ったり、勾配で停車したときに停止保持の目的で使うためのものです。それ単体の制動力はそれほど高くありません。騒音が大きく、またレールは多少デコボコがあるため、擦れて火花が出たりして摩耗も早いです。 また、電磁石を使っているため、停電時はブレーキがかかりません。

②コストの問題 ディスクブレーキに使われるブレーキシューやローターは素材を工夫して摩耗に強いものが使われています。対して、レールは膨大な量の鋼材を使いますから、これ以上耐摩耗性を高くすることは難しいです。レールを挟むブレーキだとレールの摩耗が早くなり、交換頻度を上げる必要が出てきます。駅近くなど、頻繁に減速する箇所など減り方の偏りも出てきて、メンテナンスコストはさらに高くなる ーー電磁吸着ブレーキは、高速域からの非常制動で車輪を止めるブレーキと併用して補助的に使ったり、勾配で停車したときに停止保持の目的で使うためのものです。それ単体の制動力はそれほど高くありません。騒音が大きく、またレールは多少デコボコがあるため、擦れて火花が出たりして摩耗も早い 有難うございます。 返事、それらは 少なくとも緊急時の停止距離が短くなりますから、巡航速度を160キロまでアップする事ができますね!?

1

非常ブレーキとしては、もっと凄い「電磁吸着ブレーキ」がある。 線路を直接挟み込む、或いは押さえつけるブレーキを常用として使用した場合、線路メンテナンスにかなりの労力が必要となる。 レールの交換頻度も、現在の2倍以上必要だろう。 従って、理論上は可能でも、実用には耐えられないシステム。 早い話が「絵に描いた餅」。 そんな事は、誰でも一度は考えるようなこと。 それが「実用化」されていないのはどうしてか、例え自分なりにでも突っ込んで考えてから質問するものだが。 全世界に自らの「無知」を晒すことになる、という事も考えた方が良い。

1人がナイス!しています

0

ディスクブレーキとは、 車輪に付いているディスクつまり円盤を ブレーキパッドで挟んで減速するのが、 ディスクブレーキ。 だから、線路は円盤ではないから、 ディスクブレーキとは言わない。 質問者さんが、 「線路をディスクブレーキで挟むようにすれば」 と 書いているが、 これは間違いで、 「線路をブレーキパッドで挟むようにすれば」 が、 正しい書き方。

2

つなぎ目でシューが吹き飛ぶと思われるね。

2人がナイス!しています