新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

雇用調整助成金の申請において、解雇の判定期間についての質問です。

労働問題 | 社会保険60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございました。私も同じような認識でしたが、アドバイス通りに労働局に問い合わせしましたところ、即答で末日付解雇はその当該月から助成率が下がる(解雇した)ことになるということでした。 おそらくこのような質問が殺到しているのかと思いました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。アドバイス通り事務局に問い合わせて助かりました。

お礼日時:10/27 15:40

その他の回答(1件)

0

6号様式、申し立て書の記載から解雇は算定対象期間末日までに解雇していないかを問われているので今回の申請書については100%の助成金かと思います。 ただし、ガイドブック3-(1)に対象労働者が上げられており、解雇予告された従業員さんは、解雇予告翌日から助成の対象になるようです。 可能性として10月末の即日解雇の場合解雇予告手当の提示を求められるかもしれません。 ここまで説明した上ではありますが、担当の部署へ問い合わせされるが確実かと思います。