ID非公開

2021/10/22 16:35

22回答

中学国語文法についての質問です。 動詞の活用で「落ちる」についてなのですが 語幹はなぜ「落ち」ではなく、「お」なのですか? 「落ち」まで変化していないと思うのですが

日本語 | 日本語40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました!

お礼日時:10/25 1:03

その他の回答(1件)

1

「落ちる」は、上一段活用です。 「おち」ない 「おち」よう 「おち」ます 「おちる」。 「おちる」とき 「おちれ」ば 「おちろ」! 「お」が語幹なので、 活用語尾は お「ち」ない お「ち」よう お「ち」ます お「ちる」。 お「ちる」とき お「ちれ」ば お「ちろ」! 仮に「おち」を語幹とすれば 活用語尾は おち「」ない おち「」よう おち「」ます おち「る」。 おち「る」とき おち「れ」ば おち「ろ」! となってしまいます。 未然形と連用形の活用語尾が無くなってしまうのです。 というのは、口語文法から見た言い訳のようなものです。 口語の上一段活用動詞のほとんどは、文語の上二段活用動詞から変化したもので、 例えば「落ちる」ならば、元は「落つ」です。 未然形「おち」 連用形「おち」 終止形「おつ」 連体形「おつる」 已然形「おつれ」 命令形「おちよ」 となっており、「お」のみが語幹だと分かります。

1人がナイス!しています