ID非公開

2021/10/25 6:22

66回答

長文になります。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。かなり良くなって来ました。

お礼日時:10/26 10:45

その他の回答(5件)

0

幽霊は関係ないと思います。 それよりも統合失調症の治療を優先したほうがいいですね。 統合失調症は、完治できる場合もたくさんあるんで、完治に向けて 頑張ってください。

3

どういう方法でも、改善してると思っていて本人家族がそれを認めてるというならそれでいいんじゃないかな 私なら先祖の因縁にかかわってる霊たちと、前世で殺された霊たちを霊界送りにした後、その人間の霊体と幽体の修復をする この方法でも幻聴と片頭痛は改善する 霊障といっても現実に肉体に異変が起きてるのだから、それを薬でブロックしたら改善する どんな方法でも改善するならそれでいいと思う いちいち他人にどうですかなんて聞く必要はない 私の方法を他の奴は絶対にできないのだから、医学的な方法で肉体の状態を抑えるので間違ってない 先祖の因縁は子孫も受け継ぐのだから、遺伝と同じ状態になるんだよねぇ 先祖が死んだら子供や孫に霊が移動する 遺伝で納得できるのだからそれでいいと思うよ 違うとしたら因縁として処置出来たら、子孫に症状が出ることはないけど 遺伝として納得したなら子孫に受け継がれることになる この部分が違うだけ 病気だ、遺伝だというので本人が納得したらそれでいい 霊障は自覚しなきゃ存在しないものだよ だからあなた方一族には遺伝の疾患はあったとしても、霊障は存在しないということも言える 結局真実なんかどうでもよくて、本人が納得できるものがその人間にとっての真実というのは変わらない それでいいと思う

3人がナイス!しています

2

オカルトや幽霊は存在しませんので安心してください 統合失調症で幻覚である幻聴に該当していただけで治療を進めていって改善したのが何よりの証拠です。 病気が悪さをしているだけなんです。

2人がナイス!しています

3

霊視というのは、脳内イメージなので、基本的には、見えたり聞こえたりは、しません。 幻聴や幻覚というのは、実際に見えたり聞こえたりして、現実の堺がなくなった状態かと思います。 現実と幻覚の区別がつかなくなったら、病気と言えるかと思います。 霊視は、脳内イメージなので、その出どころが、単なる妄想なのか、思考なのか、霊的な根拠があるのかの分析が必要です。 特に、思考による予想と、霊視の情報は、区別がつきません。 誰でも、思考によるイメージは持っているし、例えば、芸術家は、作る前に作品のイメージを見ていると思います。 だから、誰かを霊視するときは、脳の思考を防止する意味で、名前以外の情報を聞かないようにします。 前情報が多いと、脳の予想という、思考が働き、その思考から逃げれなくなると、脳の思考が優位になり、霊視は失敗します。 よって、脳の思考や感情を停止する、「無」を掴む感覚が、霊視には必要で、心理学的にはトランス状態とも言います。 イメージ的には、脳内に、視覚からのモニターと、霊的な情報のモニターがあり、確かに、それを重ねると、視覚に霊が見える事もありますが、やはり、霊的な存在は、現実とは違うので、区別ができます。

3人がナイス!しています