ID非公開

2021/10/25 23:36

44回答

FX、仮想通貨の所得税、住民税を会社にバレずに納税したい。 納税することはいいですが、投機的な収入があることが会社にバレないようにしたいです。

税金349閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/10/26 8:42

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさまありがとうございました。 まさに知りたかったご回答をくださったのでBAとします。なかなか調べても分からず困っていました。ちゃんと納税するから、確実にバレないようにして欲しいものです。 大変ありがとうございました!

お礼日時:10/28 21:10

その他の回答(3件)

0

少なくも仮想通貨の所得は一定額以上あれば給与所得と合算して確定申告が必要になります。従って、申告分を住民税特別徴収から普通徴収に変更すれば、自治体からの特別徴収が無くなるので会社では直ぐ分かります。 仰るようなことは、株式の譲渡所得のみであれば、特定口座源泉徴収有り口座で取引とすれば可能です。 仮想通貨は確定申告が必要ですから、ふるさと納税は確定申告しか出来ません。

0

ID非公開

2021/10/26 8:14

確定申告で給与以外の所得の住民税を「自分で納付」(普通徴収)を選択すれば問題ありません。 給与の住民税はこれまで通り特別徴収で給与以外の住民税は普通徴収になります。 つまり、特別徴収税額決定通知書にはFXおよび仮想通貨の所得は記載されません。 確定申告しますからワンストップ特例は使えません。住民税で寄附金税額控除は給与の特別徴収税から優先して控除されますから通常は問題ありません。しかし、FXや仮想通貨の所得額が大きくたくさんふるさと納税すれば、寄附金税額控除で特別徴収税額がなくなる程度なら、会社は何なんだと思うでしょう。

0

確定申告すると住民税が計算され会社に徴収額が戻ってきます。その時点で担当者が勘ぐれば会社の所得以外に何かあるな?とは思われますが何か?までは分かりません。 NISAをやってます、と回答してもその判別はつかないと思います。 普通徴収にしても良いですが、それこそ何やってんの?です。 ふるさと納税は良いことですから隠すことでもないと思います。

ID非公開

質問者2021/10/26 0:46

他に所得があることは隠しようがないということですね…