すみません、算数が全くできないのですが 優しく教えていただけたらと思います。 http://meteolog.com/1875/ アニメキャラの早撃ちランキングで こうかいてありました。

算数105閲覧

ベストアンサー

0
画像

昔読んだSF漫画で、それを飲むと動きが速くなる薬の話がありました。『009』の加速装置みたいなものです。ただ、「動きが速くなる」という描写を、「周りが遅くなる」で描写していました。 たとえば、「1000倍」速くなるといすると、「3分」が「3000分」になります。 3000÷60=50時間 ということですから、2日と2時間になります。朝の7時にカップ麺にお湯を注いだ後、「1000倍」加速する薬を飲んだとします。そうすると、体感的にはそこから2日後の9時にようやくカップ麺が出来上がるということです。お湯を注いだ後、DVDで2時間の映画一本見ても、まだ出来上がっていません。 2時間 → 60×60×2=7200秒 7200÷1000=7.2 ですから、現実はまだ7.2秒しか経過していないことになります。(続く)

その他の回答(3件)

0

まず、数の大きさの比較について。 整数は1が何個あるかを表していると考えるとわかりやすいと思いますが、なかなか小数では想像が難しいかもしれません。 この場合、一番小さい数が 0.009 なので、それぞれの数が0.009の何倍か(0.009何個分か)を考えてもいいのですが、 0.001が何個分かを考えた方が計算が簡単なのでこっちの方法でやってみます。すると、 1位 0.009秒 → 9個分 2位 0.1秒 → 100個分 3位 0.17秒 → 170個分 4位 0.2秒 → 200個分 5位 0.3秒 → 300個分 という感じになります。 ちなみに、1秒は0.001秒が1000個分です。 小数点を右に3つずらせばいいのですが、わからない場合は、電卓でその数字を0.001で割ってあげると求められます。 普通のストップウォッチは 0.01 秒ずつしか計れません。 ただ、普通の人は、どんなに細かく時間を計ろうとしても、0.1秒ぐらい間が空いてしまいます。ストップウォッチを持っていたら、どれくらい短い時間を計れるかやってみるといいと思います(ちなみに私の最高記録は0.07秒です)

0

0.001秒(1秒の千分の一)の何倍かで考えると、 0.009秒 ⇒9倍(1秒を千で割った9つぶん) 0.1秒 ⇒100倍(1秒を千で割った百個ぶん) 0.17秒 ⇒170倍 0.2秒 ⇒200倍 0.3秒 ⇒300倍

0

一般的なストップウォッチでは0.01までしか測れないので一瞬すぎて0.009は測れないと思います。 ちなみに0.009は11.111‥倍すると0.1になります。