やよいの青色申告(オンライン)で事業主借の入力方法について教えてください 今年から青色申告のソフトを使いはじめたのですが、事業主借の部分をネットで調べたのですが分からず困っております。

画像

会計、経理、財務 | 税金69閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ttt********さんの回答は、デスクトップ製品の弥生会計の場合の入力方法です。 質問者様は、オンライン製品の「やよいの青色申告オンライン」を使用しています。 nke********さんの回答は、一般的な仕訳の入力方法ですが、かんたん取引入力では入力できません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても丁寧に親切に教えていただき本当に感謝です。 専門的な知識は教えてもらうとお金がかかるのでコロナできつく無理だったのですが本当に助かりました。 皆様ありがとうございました。

お礼日時:10/27 18:15

その他の回答(1件)

0

この取引の仕訳は 借方/貸方 接待交際費**/事業主借** となるのですが「やよいの青色申告」の「かんたん取引」では入力できないですね。「かんたん取引」で入力できる仕訳がごく一般的な物しか出来ないようになっていて今回のような特殊な取引は入力できないようになっています。 出来ればなるべく簿記の基本での入力に慣れた方が最終的には楽です。 ということで今回の仕訳を簿記の基本的な入力方法をお教えします。 メニューの「帳簿・仕訳」>「振替伝票」からの入力 又は メニューの「帳簿・仕訳」>「仕訳日記帳」 いずれも左側(借方)の「勘定科目」を「接待交際費」 右側(貸方)の「勘定科目」を「事業主借」 にして後は日付と金額を入力すれば完了です。 わかりやすいのはメニューの「帳簿・仕訳」>「現金出納簿」ですかね。 この場合は一旦、事業主借で現金入金とし次に「接待交際費」で出金処理をする。これでもよいです。

nke********さん かんたん取引では振替元に「事業主借」を設定すると振替先には資産・負債・資本科目しか選択肢として表示されないんですよ。 かんたん取引は簿記を熟知している人しか正しく入力できなかったり入力してそれが正しい仕訳になったかどうかを検証できないので本来の目的(簿記を知らない人でも入力できる)からは本末転倒な仕組みになってると個人的には思います。