ID非公開

2021/10/27 10:29

22回答

死亡保険金請求権が特別受益に準じて持戻しの対象となる特段の事情とは何を意味するかわかりません。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

原則 →保険契約に基づき保険金受取人とされた相続人が取 得する死亡保険金請求権又はこれを行使して取得した死亡保険金は、民法 903 条 1 項 に規定する遺贈又は贈与に係る財産には当たらないと解するのが相当である。 →保険金は、相続を離れた指定受取人の固有財産であり、特別受益ではない。 例外 →保険金受取人であ る相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法 903 条の趣旨に照らし到 底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する 場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻し の対象となると解するのが相当である。 →相続において、特段の遺産が無く、相続人身分の者が受け取っ保険金が、総遺産の1/2を超える場合は、特別受益があったものとして処理する。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/27 10:44

恐れ入ります。 勉強不足で申し訳ありません。 例外の箇所が、 死亡保険金請求権が特別受益に準じて持戻しの対象となる特段の事情ということでしょうか?