自分で着物が着たいけれど帯が一番ネックだなーと思っております ネットで見たところお太鼓の作り帯というものがあるようなのですが、着物に詳しくない人が見てもムムム?となるようなものでしょうか?

着物、和服148閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

詳しくない人が見てアレ?ムムム?となることは、あまりないように思います。 私の経験で作り帯を難しいと感じたのは、長さと紐の隠し方でした。 既製品を買いました。 胴に柄があったので、ポイントを良い位置に持ってこようとしたら巻終わり位置の長さが足りず、また、帯の胴部分を結ぶ紐も見える状態でした。 仕方ないので、試しに普通に仕上がるように着るとどう頑張っても柄が脇腹寄りに来てしまい、結局着て出られませんでした。 自分の胴囲に合ったサイズでしたが、私より細い方を想定して柄付け、紐付けしていたものと思います。 家族に着物を着る人がいないので、全員知識ゼロで、そもそも解説書だけでは付け方分からないね、のレベルだったのもまずかったかも知れません。 他人が付けていて、作り帯だったからか!と納得したのは、 妙に厚みがなかったり、袋帯がぺたんこに潰れた様子だった時ですね。 生地を余り使わず、厚紙で張りを出してる場合、 保管中に潰れてしまうと、折り目がつくのか、お太鼓に丸みが出ず潰れてしまうようです。 お太鼓の角はちょっと下に倒して丸みを出したいですが、 厚紙タイプの作り帯だとできない場合もあるようです。 作り帯は、軽めで手軽に着やすいですし、体に合ったものなら持ってても損はないと思います。 ところで、普通の袋帯を自分で結ぶ時は、途中までお腹側で結ぶとやりやすいですよ。 お太鼓の位置決め(様子見と言いますか帯枕を当てる位置決め)までお腹側でやって、 クルッと背中に回してから、帯枕を締め、お太鼓を作って行きます。 両手を背中に回して帯をたるみなくしっかり結ぶのはコツを掴むまで大変な点と思いますが、 お腹側で行うと肩に痛みがあったり手に力が入りにくい時でも行いやすいです。 いずれ普通の袋帯で結ぶを目指すなら、中古で超安いのを手に入れて練習するのもいいと思います。

0

普段着にということでしたら、半幅帯(小袋帯)で充分です。 結び方は浴衣と一緒。 作り帯よりお勧めします。

1

作り帯は、よくわかっている人が締めれば、普通に帯を締めたのとなんら変わらずつけることができます。 でもたいていの作り帯は、名古屋帯の一重太鼓が多く、 これは普段着に締めるもので、気軽に着物を着たい方が帯も簡単につけるためのものです。 対して、卒入式や七五三で着る着物は、 訪問着や色無地に袋帯を二重太鼓にします。 礼装袋帯の作り帯はそれほど出回っていません。 また作り帯も、ある程度着物の作り、帯の締め方、 特に着た場合の完成形をわかっていないと、自分でつけても「出来不出来」がわかりません。 作り帯は、着物はある程度着れるけど、もっと簡単に早く着たいという「次の段階」のような気がします。

1人がナイス!しています