ID非公開

2021/11/7 21:52

22回答

カムカムエヴリバディのラジオはリアルタイムでないと、聞けないのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

質問の話は「 NHKラジオ 第二放送 」の番組かなと思いますので、 アプリの場合は、NHKアプリ の「 らじる★らじる 」のほうで、 聴く必要があります。 ( 別な時間に、後で聴くなら、 NHKのホームページのサービスの「 聴き逃し 」の、 番組に該当するページを、探して、音の再生になります ) (パソコン等でも出せるし「 らじる 」アプリでも、 聴き逃し の番組に対応してるわけです ) ( radiko では、聴き逃し に対応しない番組があります ) 第二放送は radiko に入ってないからです。 ( NHK第一放送 と NHK-FM が radiko になってるが ) (地域別の NHKラジオ も まだあって、時々は、らじる も必要です) おそらく、質問に出ている、NHK 第二放送の、ラジオ番組ですが、 「 ラジオで!カムカムエヴリバディ 」のことでしょうか。 放送時間は、 > 放送時間 > チャンネル 、、、放送日、、、放送時間 > ラジオ第2(本)月曜~水曜、午前10:30~10:45 > ラジオ第2(再)土曜(予定)、午前8:15~8:35 > ラジオ第2(再)月曜~水曜、午後3:45~4:00 > ラジオ第2(再)土曜、、、、午後9:00~9:45(3回分) 土曜の夜なら、まとめて聴けたりかと。 https://www.nhk-book.co.jp/detail/text-09559-2021.html テキスト発売なども、されてるわけです。 パソコンで、とりあえず、 「 聴き逃し 」のページも、出してみました。 https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=7137_01 いちおう書いておくと、ラジオドラマ内で描かれた時代は、 太平洋戦争が終わった直後の 1946年(昭和21年) などの 時代ですから、ドラマ内の映像のとおり、 大型の、真空管ラジオが使われていた時代です。 家庭の、お茶の間などに、ラジオが置かれた時代です。 (テレビ放送の開始は、1953年/昭和28年 頃です) 1955年(昭和30年) 頃以降から、 トランジスタラジオ も、発明や発売などになって、 個人が、小型の電池のラジオを、持ち歩ける時代に なっていきました。 スマホアプリの、ラジオ聴取は、2010年の前後からです。 (その頃でようやく、スマホ普及の時代になったし) radiko の「タイムフリー」サービスもできたのは、 10年前は、まだ無理で、 2014年(平成26年) から、有料サービスでの追懐です。 NHKのほうは、ラジオの インターネット配信サービスは、 無料で、各地でそのまま聴けます。 まあたしかに「聴き逃し」の追加は、何年か前で、最近でした。 いちおう、個別の、NHK第二 ラジオ 語学番組などの インターネット配信だけなら、これは、かなり早くて、 2000年代に入ってまもなく、NHKホームページが 作られたりしてから、わりと早くに始まっていました。 (ポッドキャストの ラジオ番組など、短いものの配信の サービスが、始まった頃と、同時期になります) (これらは、20年くらい前から、ありましたから) で、現在でも、NHKラジオ の、各地域の放送などは、 NHK「 らじる 」のほうでないと、聴けないこともあります。 radiko は、元々は、民放ラジオ各局( AM FM ) で、 開始していたサービスだから、NHKが加わったのは、最近だし。 一昨日の、土曜日午後の NHK-FM「アニソンアカデミー」だと、 関東エリアの場合、高校野球中継を NHk-FM でやったから、 「アニソンアカデミー」を聴きたい人の場合は、 「らじる」の、アプリや、パソコン配信ページを使って、 画面の上のほうにある「地域選択」を、 「 東京 でない、別の地方にする 」切り替えで、 聴いたリスナーさんも、いたりでした。 放送中に、ツイッターで聴けないと言った人に、 他の人が、教えていたりとか。 名古屋の場合は、NHK第一 で 高校野球、になってたので、 NHK-FM のほうは、そのまま聴けたから。 ( この日の、NHK第一 で予定の番組を聴きたかった人は、 上の話と同様に「らじる」で、他地域の選択することもできた) 仙台のほうも、パ・リーグ の野球中継を、 NHK第一 でやっていたから、地元の 野球中継以外の、 本来の番組のほうを聴きたかった人は、 同様に「らじる」を利用することもできました。 NHK「らじる」のほうは、 無料設定のままで、他の地域の選択はできますから。 まあたぶん、質問に関係してる点は、前半に書いたとおりです。 「聴き逃し」で、後から聴く時や、 他の地域の NHKラジオ放送 を選択したかった場合に、 上のように「らじる」を使うわけです。

すみません、一箇所、漢字変換が変でした。 有料サービスでの追加です と入れる所で、 ( 有料サービスでの追懐です ) になってて、変でした。 失礼しました。