生活困窮者自立支援金の求職活動で面接4回とありますが、これを1度もしなくても二回目、三回目も受給できた方いますか?当方どうしても忙しくもあり面接まで行けません。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2021/11/16 1:23

その他の回答(7件)

3

忙しい? 何で忙しいのですか? 税金を頂くわけですからね。別にお説教、上から目線でものを言っているわけではありませんが、いろいろな回答が寄せられていますが、ウソや適当なことを言って支給を受けるという事は、なさらずにお願いしたいです。 忙しい理由をお書きいただければ、その内容次第でアドバイスの可否が判断できます。

3人がナイス!しています

0

この件については厚生労働省から都道府県に対して取り扱いについて明確に指示が出ています。 ・多忙の理由が職業訓練の場合は職業訓練にきちんと行くことで条件クリアとなります。この場合の求職活動は訓練施設の指導に従って進めてください。 ・申請時点からフルタイムの仕事をしている場合は「今の仕事のままでは現に1年以上生活できていないから申請した」わけですから、求職活動の条件の減免はありません。ただし、求職活動には副業探しも含まれ、無理に転職を求めるものではありません。 ・受給中にフルタイムの仕事が決まった場合は自立相談支援期間との面談は必要ですが、ハローワークでの求人紹介や求人への応募の条件は緩和されます。 ・この制度ではフルタイムの仕事を探すのが条件となります。パートタイムの仕事の場合は空き時間を使って求職活動をしなければなりません。 ・求人への応募とは履歴書を送るだけでも良く、履歴書を送って書類選考で落とされた場合も応募として成立します。履歴書を送る手前で断られたという場合は状況によっては応募とみなされる可能性があるため該当の求人票に応募の一部始終をメモしてを保管しておいてください。ただし、資格・学歴等の条件を満たさない求人への応募はここでいう応募として成立しません。 ・仕事ではなく子供の養育や高齢者の介護などで忙しい場合は現実的にフルタイム労働は不可能です。自立相談支援機関に相談し、生活保護を申請してください。

0

面接に行った知人はいませんよ。就活していれば、もらえますし、コロナで熱が出て寝ていますって電話して郵送すれば就活、面接に行っていなくてももらって知人達は3回分終了して、一時生活再建も40万円くらい借り入れできていますよ。大阪です。