夏目漱石のこころ・下に、話は簡単でかつ明瞭に片付いてしまいましたと言う部分があるのですが、なぜ簡単で明瞭に片付いたのかわからないので教えて頂きたいです。

文学、古典 | 小説90閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。私は下しか読んでいないのであまりわからないのですが、その後の奥さんのセリフの 『大丈夫です。本人が不承知のところへ、私があの子をやるはずがありませんから。』というのも、お嬢さんが先生のことを好きと知っていたからなのでしょうか。