回答受付が終了しました

スタッドレスタイヤの寿命。豪雪地帯にお住まいの方に質問です。

補足

皆さんいろんな視点から回答くださり大変参考になります! とりあえず初雪とアイスバーンで様子見て判断しようと思います。

自動車2,344閲覧

1人が共感しています

回答(17件)

1

私もアイスガードですが、豪雪地帯ではなく、アイスバーンの多い地域です。 以前マイナス10℃の早朝、4年目のトーヨーを履いてて、一時停止の丁字路を飛び出し、そのまま真っ直ぐ側道の雪山に突っ込んだことがあります。 時速30㎞からの停止でしたが、全く減速感がなく、まるでスケートリンク 幸い左右から車が来てなかったので助かりましたが、恐怖でした。 私は早朝に走ることが多いため、それ以来3年ごとに替えていますが 雪道だけ走るなら5分山まで行けると思います。

1人がナイス!しています

0

1シーズンで20%性能が落ちると思ってください。 もちろん青空駐車なら、もっとスピードが早い。 スタッドレスは、溝や年数でなく。 ゴムの硬さが重要になってきます。 柔らかい方が性能を発揮できる。 経年劣化で徐々に固くなるか、溝が無くなる。 豪雪地帯でなければ、それ程考える必要はありませんが、雪が降らなくとも、路面凍結は早朝深夜に起きます。 豪雪地帯なら4シーズン程度で交換。(年数は問わず) 非降雪地帯なら、5.6シーズンで交換 オールシーズンタイヤも選択肢にあり。

0

自分の使い方での結果報告です ご質問への回答にはならないかも 参考程度に… ヨコハマIG50 2014年製造新品を6シーズン 特に変化を感じる事なく使用 7シーズン目を強制的に諦める為、 2020年11月まで履き潰しました *自分の使い方* 旧型レヴォーグ1.6四駆 冬⇔夏タイヤ交換時期 だいたい11月中⇔4月末 クルマ点検時(約半年毎) ディーラーにて交換 12ヵ月点検はタイヤを外すので、 無料で換えてくれるので… 走行距離は約1,500km/月 7年10万kmなのでたぶん… 保管は実家車庫奥で薄明るい環境 2段タイヤラックに立て積み 年間降雪量ほぼゼロエリア在住 スキー場は12月末〜3月末毎週末 片道4〜6時間を概ね一般道で節約 走行距離9割以上は積雪無い舗装路 このタイヤで行ったスキー場は、 福島栃木新潟群馬長野山梨富山石川福井岐阜辺りです

もちろん、スキー場へ行くには、シーズン中、圧雪路、シャバ雪、凍結路…様々な道路状況を経験します ヨコハマIG50、自分の使い方では、6シーズン変化を感じる事なく使えた…というのは、当然、上述の道路状況での話しでした

1

このような点検して大丈夫ならそのまま。 https://www.y-yokohama.com/brand/tire/iceguard/recommend/check/ 硬度のチェックは不要と思います。車重で押しつけるのに多少硬くなろうが影響はないでしょう。 むしろ、それを測ってもらいに量販店に行った時点で買い替えましょうっていわれて終わりですよ。 私だったら履きます。

1人がナイス!しています

1

アイスガードなら硬くなっている年数ですね。 硬度系がとか押してみてとかありますが、サイプって細かくギザギザに刻んでる箇所を押したってどのスタッドレスも柔らかいです。 それと、新品に買い替えるのであればタイヤに負荷が掛からない大人しい運転で田舎の郊外であれば500kmくらいは走らないと皮剥きされません。 信号・右左折が多い環境ならもっと短いです。 因みに皮剥きとは、スタッドレスタイヤ本来のゴムを出す為に表面の保護ゴムを削り取る事です。

1人がナイス!しています