ID非公開

2021/11/19 9:43

55回答

小学2年生の子どものことです。

小学校 | 一般教養139閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん大変丁寧にご説明してくださり、一人だけとは選び難いのですが、非常にシンプルで、且つ解り易かったこちらをベストアンサーに選ばせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/5 17:17

その他の回答(4件)

0

国語はパズルゲームみたいなモノで、暗黙のルールに合わせて答えを書くことになっている。だから、より正しい(かもしれない)答えはNGとなります。 と言うことを伝えるとよいかも知れませんね。

2

小二くらいの子どもに対して「解りやすい説明」というのは、ほぼ無理だと思いますよ。 実際に当該「読解問題」を見てみないと確たることは言えませんが・・・ 一般には、作問の不具合も、あるあるです。 市販の「問題集」まで入れると、数えきれないほどの「問題」があります。どれもが作問時にちゃんと検討を経ているかどうかは甚だ怪しいですし、実際のところ、学校で使うカラーテスト程度だと、おかしな出題、不合理な正解設定はよくあります。 また、「答え」としては本当はどちらでも良く、解答例として「直近の理由」が採用されているだけのこともあるでしょう。 一般にはその「解答例」を「模範解答」だと捉えてしまいがちですが、本当は採点者が個々にちゃんと判断することが期待されているのかもしれません。 が、いまどきの小学校教員程度では、主体的にそのような判断をするスキルが無く、「解答例」以外は「不正解」としてしまう・・・これもあるあるです。 小二くらいの読解力を想定したとき、やはり出題できる内容や方法も制限されてしまうわけですけど、無理に作問しようとするから不具合が起きやすくもなってしまいます。 まあ、一般には、作問も解答も標準化、パターン化が進んでしまっていて、“何も考えず「直近の理由」を答えておくものだ!”的なところも無いわけではありませんが、そんな解答テクニックを基準に物事を捉えるというのはどうなのかと・・・ ・・ということもあって、そもそも、幼いうちから「問題練習」にあまり時間をかけるようなことは、かえって良くないと思ってるのですけど。

2人がナイス!しています

0

凄く深く考えているのかなぁ、という印象です。 例えば、○○ちゃんが、お母さんに「今日の夜ご飯はなぁに?」って聞いた時に、お母さんが「じゃがいもと人参と玉ねぎ切って、お鍋でお水と一緒に茹でて・・・って全部詳しく教えるよりも、○○ちゃんは「カレーだよ。」って一言で教えてもらった方が良くない?「カレーだよ。」って教えた後に、必要なら、ジャガイモ切ってって教えた方がよくわかるでしょ? だから、国語も一緒で、問題の理由は同じ段落の中にあるものを最初に答えた方がわかりやすいかもね。 ・・・かなぁ。 低学年に教えるって、難しいですよね。 多分、高学年くらいなら、読解問題の作り(段落の役割)の説明で理解してもらえるかもしれないですけど・・・ ①問題提起をしている段落 ②考えを述べている段落 ③具体例を挙げている段落 など・・・。 2年生だとまだ難しいから、ちょっと考えてみましたが、イメージなので、読解問題の作りによっては対応できないかもしれません。

1

文章題は段落ごとに問題が作られていることが多いです。 なので「その段落の中で見つけてあげないといけない」という説明で大丈夫だと思います。

1人がナイス!しています