ちょっと前に何故、オカルトに対して毛嫌いしてる人が多いのかという質問をさせてもらっていた者です。

超常現象、オカルト | 哲学、倫理781閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 そりゃ本来は思想では無いでしょうね。真っ当な解かと。 >説明不能なモノについて証拠を求めている というのは特に仰る通りと思います。 現代の科学の在り方でしようね。 ラテン語の語源から「オカルト」は元々「人々の目に触れることがないように隠された秘密の知識」を指してるので本来は表沙汰にはなることが無いのがオカルトです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何人か候補がおり、 かなり迷ってしまったので ナイスの票数が多かった方をBAにさせて頂きます。 多数 回答を頂き、有難うございました。

お礼日時:2021/11/30 21:31

その他の回答(15件)

1

私はオカルト、科学をどちらも信じてます。病気をヒーリングする時ただエネルギーを送るだけでは効率よくないです。 例えば現代医学では癌細胞を癌幹細胞が守っていると研究しているようです。 仮に私がヒーリングするならまず癌幹細胞を消滅してから癌細胞を消滅させます。現代医学、科学が病気のメカニズムを解明してくれます。結果的に現代医学、科学を参考にします。 誤解を恐れずにいえば仏教でも心についてかなり詳しく研究していると思います。 アメリカ合衆国でもレイキを使わない病院を探すのが難しいのだそうです。 質問の答えになっていないようですみません。 私はオカルト派ですが現代医学、科学を使わせてもらっています。 後知人で医療事務やっていた人が現代医学、科学でもラットを実験に使っても後から供養するそうです。

1人がナイス!しています

興味深い内容を教えて頂きありがとうございます。 >アメリカ合衆国でもレイキを使わない病院を探すのが難しいのだそうです。 →日本でオカルトだと言われてることは アメリカでは科学のようですね。 日本ではスピリチュアル医療はよく聞きます。(心、精神を扱う) オカルト医療とは日本では聞きません。 >現代医学では癌細胞を癌幹細胞が守っていると研究している 未解明の段階にある事象が存在し 推論される前段階(推論する為の知識は存在してる)ことをオカルトだと理解してます。

0

人の不安を煽って 詐欺的な金儲けや 洗脳じみた金儲けをする輩がいるからじゃないかな? 僕はエンタメとしてのオカルトは好きですけどね

0

個人的な意見ですが。 オカルトって「理解出来ない領域」なんだと思います。 要は解明されていない現象を「オカルト」と呼ぶわけですが、 これらは解明出来たら「科学」になるんだと思います。 オカルトVS科学になりがちなのは 現象には必ず原因や理由があるはずというのが科学。 それに対して、オカルトは原因を解明する事を望んでない感じ。 原因を追究するより、何かの所為にした方が楽だからかな。 それが目に見えないなら追及も出来ないし、 利用したい人にとっては便利なモノでもあります。 運気が悪い。方角が悪い。星の巡りが悪い。etc 不運を嘆いて幸運呼び込む系オカルトは結構ある。 何でもハマったら宗教ですよ。 それしか信用しないんだから科学だってある意味宗教。 正直な所、科学もオカルトも同時に存在するのが一番楽しい。 日本ってそういう所が凄く共存上手だから好きです。 オカルトがあるから科学も発展するんですよ。 実際にまだ解き明かされていない不思議現象は沢山ある。 だからこそ探求心という名の科学や化学が発展する。 でも神様も八百万にいて、魂が宿る概念があって 先祖を敬う気持ちとか、凄く良い「オカルト」だと思う。

回答ありがとうございます。 本来、オカルトは科学とは親和性は高いですし。一部の悪目立ちしてオカルトを利用して騙す人の影響で本来の在り方を見失い印象がマイナスに傾いてしまいがちになってるのは残念ですね・・。 オカルトは(別の回答の返信にも書きましたが) 「人々の目に触れることがないように隠された秘密の知識」を指してるのでそれが表沙汰にはなることが無いのでファンタジーとして楽しめる1つの娯楽になってるという感じですね。

0

化学はノーベル賞がある様に不特定多数の人に向けて発信される技術、利用される技術、的な要素が強い。 ですがオカルトは語源が表す様に表に出さずにコソコソと好きな人達だけが楽しんでいる感が否めない技術ですし、特定の同じ状況を作り出しても同じ現象が起こる訳ではないですよね。 そこいら辺がインチキ的なイメージが強くなる要因かと。 ただ化学もオカルトも「何故その現象が起こったのか説明が出来ない」事もある技術なので、オカルト側にもっと外部発信する努力は必要かと思います。 陰でコソコソやってるからなおさら胡散臭い目で見られてしまうんじゃないかと。

回答ありがとうございます。 科学は確かに不特定多数に向けて発信されているので、馴染み易い面は強いでしょうね。 オカルトはその逆ですね。

1

言葉は流転して意味を変えていきますから初めの意味にはとどまれません。 オカルトと聞いてイメージするのは幽霊とかゾンビとかです。 それらが嫌いという気持ちは理解できます。 語源は違うんだ!と主張しても言葉は生き物ですから(死語にならない限り) どうにもなりませんよ。 私も「隠されたもの、秘儀」という意味の オカルトという言葉が好きですが、 他の人のイメージを尊重して私はスピリチュアルという言葉を使います。 スピリチュアルはスピリチュアルでバカにされますけどね(笑)。 本来の意味でオカルトが盛んだった頃はそれは科学でもあったと思いませんか? つまり、オカルトの側は科学と親和的なのです。 科学は物質しか扱わなくなってしまいました。残念です。 でも物質科学は発展して意識(観察精神)が物質に影響を与える事を認めるようになりました。 そして科学的な機器を使って霊界と通信する技術も研究されたりしています。 私は科学の機は熟したと思っています。 科学信者の気は今ひとつですが(マウントとっちゃった。てへ。笑) あなたの慧眼どおり宗教的ですよね。 人間のやることですからね。立場の違いで対立しますよ。 それを理解したかったらオカルトでも科学でもなく 心理学を研究した方がいいかも。

1人がナイス!しています

確かに幽霊やゾンビのイメージは強いですよね。 個人的には嫌いではないですが、 確かにそれが理由なら敬遠する人は 理解出来ますね。 >「隠されたもの、秘儀」という意味の オカルトという言葉が好きです →一緒です。 スピリチュアルもオカルトと同様に騙そうとして儲ける人が悪目立ちしてる傾向はありますしね・・。 ただそれで一括りに馬と鹿にするのは違いますし。 オカルト側は科学と親和性が高いということは歴史に理解があれば分かる感じはしますね。 >人間のやることですからね。立場の違いで対立しますよ。それを理解したかったら心理学を研究 →心理学はマニュアル本を(それも少しですが)読んだことがあるくらいで全く詳しくないですね。