もし開戦が一年遅れていたら信濃や伊吹は空母に改装されてたのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/5 22:38

その他の回答(4件)

0

赤城・加賀・蒼龍・飛龍が健在ならしないでしょう。 戦艦として設計された艦は速力が遅いのです。航空機動艦隊には不向きであることは明白でしょう。余程の事情がない限りは改装はしないはずです。

0

できるけどたぶんしない 空母の実績が世界にないまま1942年を過ぎてしまう場合、1942年末頃時点で日米の空母数はアメリカが既存9に新造4の13に対して日本が既存10に新造改造4の合計16で優勢のまま保持される が、戦艦はアメリカは既存16隻に加算して新型戦艦が3種12隻の28、日本は信濃と4番艦を空母化改造した場合既存12+大和型戦艦2の24と倍以上の差に拡大してしまうため、大和型3,4番艦は空母と艦載機が戦艦に歯が立たない場合の対抗手段として保持されなければならないというマインドがより強まってしまう。 日本が史実と変わるところと言ったら雲龍型がより洗練され量産に適した設計に改められたり、大鳳の後続となるG14型装甲空母が起工される程度になると思われる まぁでも、欧州戦線が日本の参戦に左右されず史実通りならば、1942年冬は既にドイツは攻勢限界を過ぎて膠着から劣勢に反転する状況であり、そのタイミングで日本が参戦して枢軸が勝機を得る見込みはほとんどないので参戦の選択肢自体が1941年よりも困難になる 1941年冬というのは「勝ち目があるとすれば」もう時間ギリギリいっぱいのタイミング

回答の趣旨自体に変わりはないけど空母と戦艦の数に誤りがあるので訂正 空母: アメリカ開戦時7建造中5の計12 日本開戦時9建造中4の計13 戦艦: アメリカ開戦時17建造中12の計29 日本開戦時10建造中4の計14(信濃と大和型4番艦含む)

1

日本海軍が大慌てで戦闘艦艇を空母への改装を始めたのはミッドウェー海戦後です!開戦前から空母に改装していたのは最初から空母に改装する事を想定していた貨客船だけですよ!開戦後に改装を始めたのは潜水艦母艦や水偵母艦等の補助艦艇ですからね!信濃も空母に改装出来ない位に戦艦として建造が進んで仕舞った可能性が有ります。

1人がナイス!しています

1

史実の開戦当時に大和型戦艦の4番艦は起工しているので、1年遅かったら航空母艦に改装されたのは4番艦(紀伊と命名される可能性が高かったそうです)の方で、信濃は戦艦としての建造が進んでいた可能性がありますね。

1人がナイス!しています