ID非公開

2021/11/22 22:07

1212回答

原発反対の人の99%は科学を無視したオカルトですか。あれは逆効果じゃないかと思います。反原発=非科学みたいな。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

高木仁三郎さんは科学的に反対していますよ。朝日新聞は一時期原発に反対するのは科学を知らない無知な人というキャンペーンをやっていませんでしたっけ。毎日新聞は科学を知らない人が記事を書いていますね。

お礼日時:2021/11/26 16:13

その他の回答(11件)

0

現実主義者なんだと思います。 まぁ、一部オカルトチックな人もいますが、原発推進派の人に科学盲信者がいるのと同様です。 そもそもあれは科学を議論の中心に据える話ではありませんからね。

1

原発推進派が言わないし認めないことですが ウランの枯渇問題があります。 ウランは十分あるか? http://www.gepr.org/ja/contents/20161025-01/ 一部抜粋 金属資源の常として、ここで最も大切なのは「確認資源」である。 物理探査、ボーリング探査などによって金属鉱床の存在と 規模を確かめたのが「埋蔵量」で、このレポートでは「確認資源」と 呼ばれている。459万トンが現在のウラン確認資源量であるが、 これを現在の需要量6.5万トンで割るとおよそ70年分の 鉱量があることが分かる。 一方将来の需要増を考えたらどうなるであろうか? IAEAも国際エネルギー機関(IEA)も地球温暖化対策を考えたら、 原子力発電の規模は2040~2050年には現在の2.5倍の 約10億kWまで伸長させる必要があると予想している。 10億kWになるとウランの年間需要は16万トン近くになるであろう。 28年で確認資源を食いつぶすことになる。 つまり今世紀半ばのことを考えたら、 ウランは十分にあるとは言えないのである。 なのでフランスの様にどんどん新規原発作っても いずれ強制停止するしかないのである。 なお海水からウランは精製可能ではあるが 1万円分のウラン取り出すのに何十億も かかると想定される。 良質なウラン鉱石が200,000PPMに対して 海水中のウランは0.003PPMしかない。 よって先がない高コストな原発はいらないのである。

1人がナイス!しています

0

私は原発事故と地方への燃料廃棄に反対ですね 原発賛成の方が安全神話を理由に決して口にされない内容です 原発事故や燃料廃棄にも安全を理由に賛成されて自分のとこに作れば良いではないか それをしない輩に非科学的ロジックなど言われる覚えはないね

そんなに言うなら意見を都道府県の議論により取りまとめて国に提出してみたまえ ネットの賛成者の都道府県が同じ考えするか見てやるから 原発は現在耐久性により新設を余儀なくされてます 新設か廃止かの議論が求められてるときに今の原発が安全だと口にするのは関東以下原発の安い電力を必要としている街くらいだ 今の原発を安全としないと新設できない 自分の街に原発があることは安全ではない だけど地方にはそれを安全だと説く 可哀想な国だ 世界には世界一危険な原発と笑われているのにな 何故ならそれは日本国に立地する原発だから 保険がお高い観光の街 観光客や移民や外国人労働者に保険が求められる現状を想定するアタマもない 極めて政治からかけ離れた 利益の話から損を語り出すあわれな民族だ 金の使い方も知らない輩に利益を語られるとは興醒めだ

1

となると原発推進が遅々として進まないのは、「原発反対派が原発推進を実質的に後押ししているにもかかわらず」ということになります。 後押しになっていたとしても無視できるほどであればわざわざ「逆効果」というほどのことでもないですよね。 また、受け取る側が科学的であれば、反原発の主張の中に非科学性を認めることはあっても「反原発=非科学」となることはないはずです。 たんなる印象だとしても「反原発=非科学」という認識を科学的に持つのはそう簡単なものではありません。

1人がナイス!しています