アメリカ合衆国憲法は日本国憲法の母法と言えるんですか?

法律相談 | 世界史57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:2021/11/29 9:39

その他の回答(2件)

0

1788年に執行した時点のアメリカ合衆国憲法であれば、全く無関係ですね。まあ確かに、 日本国憲法を作成したのはGHQですけどね。 1791年にすぐに10条までが修正憲法されていますが。これは市民の人権に関する規定だから母法と言えるかもしれませんが。

0

あまり言えないと思います。 人権保障など多岐にわたって網羅している日本国憲法に比べるとアメリカの憲法は非常に簡素です。 アメリカ憲法が重視しているのは連邦制や三権分立などの統治機構についての条項で、国民の権利保障などは後から修正条項とした追加されたものが多いです。 またそれらの修正条項も細かいところは州の裁量とされているものが多いです。 日本国憲法の制定にはGHQ内のリベラル派がかなり関わってますが、彼らはむしろアメリカでは実現できない理想のリベラル憲法を日本国憲法において実現しようとしていた傾向があります。