ID非公開

2021/11/23 1:16

88回答

石川遼選手は世界レベルのプロゴルファーでしょうか

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

ちょっと違う見方をすると。 石川遼は世界レベルであったことは確かなことで、それを世界トップレベルにしようとして、世界レベルの実力をバラバラにして、今は並のプロレベルにしてしまっている。ジャンボの最盛期は40代に入ってからなんだよね、それまでは日本のトップレベルだったのが40代になって、日本のトップを闊歩した。同じレベルのようでもレベルというラインは全く違っている。石川がそこまでになるには、外で酒飲んで遊んでいる暇はないよね。 アメリカ時代は、松山と遼は練習気違いだと言われるくらい練習していた。 遼を利用してきたJLPGAにも責任はあるが、プロだから本人が一番考えるべきだ。

2

あなたは石川遼プロのファンですか? あなたはゴルフをプレーをしますか? 石川遼プロが世界レベルと思うなら、ランキング等々を 調べてみてください。自ずと結果が分かります。 勉強になりますよ。

2人がナイス!しています

2

世界レベルでは、現在のランキング松山英樹が15位で 石川 遼は186位です。日本選手の中でも15番目です。

2人がナイス!しています

0

国内最速十億達成、祝!! 世界といってもゴルフはツアーごとのレベル ヨーロッパツアーの選手は千人近くいても米国にはきません。それぞれドイツオープン。フランスオープン、英国もとそこでのトップが一番の人、五輪で聞きなれない人がたくさんきてたけど各国でそれぞれのトップ選手、 世界のお手本のスウイングといわれるトミーフリードウッドもほぼ欧州ツアー。 だから世界といっても米国だけ頭において語るのは、日本がゴルフ後進国だからです。ジャンボ尾崎は世界ではあまり実績がありませんが、来日した米国選手はほぼ撃破しています。芝も環境も違います。 現在、世界のメジャー選手の半分は日本のシャフト、タイガーも三菱ケミカル。それらは全部日本ツアーの選手が実験台で作られたもの。 とにかくゴルフでは世界といってもツアーごとの上位でいいでしょう。その意味では石川はほぼ二十代で十億、cm入れると三十億。まだ30なのでこれから楽しみです。 また二期連続で国内賞金王は今平周吾、彼が米国の選手に引けを取るとはおもいません。ただ米国に興味ないだけですね。