高1です。最近プログラムに興味を持ちましたが、どこから手を付けていいかわからず止まっている状態です。目的はホームページ作成・ゲーム作成です(特にサッカー)。

HTML、CSS | プログラミング49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

その他の回答(2件)

1

ホームページを作ることと、プログラミング(ゲーム作成)とは、実は全く別物だったりするので、 (絵画を描く事と小説を書く事ぐらい違う) 以外は、プログラミングの方の話です。 これからプログラミングを学ぶという人には、こちらの本がオススメです。 改訂3版 これからはじめるプログラミング 基礎の基礎 https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4297101181/ (レビュー等は旧版の方も参考に https://www.amazon.co.jp/dp/4774137103/ ) こちらはプログラミングの「考え方」を学ぶための本です。 プログラミングを学ぶというとついついプログラミング言語の勉強を始めてしまいがちですが、 実は、その2つは似て非なるものなのです。 プログラミングの考え方を学ばなければ、プログラミング言語をいくら勉強しても、 いざプログラムを作ろうとすると何も出来ないという、大きな落とし穴にハマります。 普通の語学を学ぶ時のことをイメージしてみて下さい。 例えば、英語を学ぶ時には、英語の文法や単語といった、まさに「言語」の勉強をします。 その為、プログラミングも同じだと思ってしまうのですが、 英語を学ぶ時には、必ず母国語である日本語との対比からそれを理解してゆきます。 そして、日本で英語を学ぶ人は日本語で文章を考え、その組み立てができる人です。 つまり、英語という「言語」の前に、既に日本語という別の「言語」と「言語を使った思考」という基礎が既に備わっているのです。 なので、追加の言語である英語を学ぶ時には、「言語」だけを学べばそれで良いのです。 ところが、プログラミングを初めて学ぶ人は、この基盤となる何かの「言語」も、 何かを言語で表現する為の「考え方」すら、まだ手に入れていない状態です。 オオカミに育てられて吠える事しか知らないに等しい状態です。 なので、一番最初に手に入れるべきは、プログラミングの「考え方」です。 それらをわかりやすく書いたのがこの本になります。 その上で、何らかの「言語」を学んだ人は、上で言う、日本語が使える人になりますので、 追加の言語は、文法や単語といった「言語」を少し学ぶだけで、大抵使えるようになります。 人間が作ったプログラミング言語は、自然言語よりもバリエーションが少ないので、2つ目、3つ目の習得はとても簡単です。 (慣れれば、別に習得しなくても使えちゃうくらいに) なので、最初の言語をどれにするかも大してこだわる必要はありません。 しいて言えば、上記の考え方を学べる手助けになる、簡単な言語として、 Scratchという言語があります。 これは、子供の学習用に作られた言語で、文字では無くブロックを使ってプログラムを組み立てますが、 文字を使った普通のプログラミング言語と遜色ない機能を備えています。 もう少し、ガッツリやりたい場合は、C# というWindowsの標準の言語があります。 これを使ってWindowsソフトを作るための、Visual Studioというソフトは プロも開発に使う本格的なものですが、個人が使う場合に限り、無償で提供されています。 Visual Studio 2019 Community とかで検索してみて下さい。 これを使うと初めから目に見えて動くソフトが作れる為、モチベーションが保ちやすいです。 (大抵の環境は文字以外の画面を扱えるようになるまでが長い) イメージはこちらの連載を眺めてみてください。 (Visual Studioのインストール方法もありますが、1つ前の2019の時の記述なので多少違うかもしれません) https://www.greenowl5.com/gprogram/vcs2019/vcs19_010.html あと、もう一つ大事なポイントとして、 プログラミングは実践が重要なので、ある程度学んだら、完全に理解していなくとも、 どんどんやってみることも大事です。 その中で、うまく行かない度にその理由を調べて、自分で解決してゆくことによって、 理論の理解も深まってゆきます。 理論を完璧に理解してから始めよう。なんて考えてしまうと、いつまで立っても始められないので。

1人がナイス!しています

0

na********さん >・・・・目的はホームページ作成・ゲーム作成・・・・・・・・・ まずは、こちらのサイトなどをご参考に↓ https://www.tohoho-web.com/wwwbeg.htm https://www.homepage-maker.jp/after/index.html https://www.webword.jp/xhtml/ 兎に角、作りながら覚えるのが一番だと思います。 出来たら、親しい観客を増やすのも必要かも。