SR400が復活するときはSR350になるのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ よく分からないのですが。 400㏄は日本のガラパコだと聞きますが。 よく分からないのですが。

画像

中古車 | 新車229閲覧

その他の回答(4件)

2

そもそも、SRが製造終了になった背景には排ガス規制(ユーロ5)以上にABSの義務化があります。SRがFIになってから燃料ポンプはサイドカバーに搭載され、サイドカバーのバッテリーはシート下に押し込められました。これにABSまで加えられたら更に大型化するバッテリーを車体に収めることはできません。GB350の足着き性がシート高の数値以上に悪いのはサイドカバーの張り出し(大型バッテリーの搭載)のせいです。今後ヤマハが排ガス規制をクリアした空冷単気筒バイクを誕生させても、それはスリムなSRとは似ても似つかないデザインになると思います。つまり、それはSRという車名のバイクではないでしょう。

2人がナイス!しています

1

でませんから、心配無用。 それよりわずか数年で始まるユーロ6対応で、メーカーは苦慮してます。完全施行されれば画期的なブレークスルーない限りリッターSSでさえ80馬力以下になります。

1人がナイス!しています

1

年々排気量が上がってるのは、厳しい排ガス規制に沿うようにガスを薄くしてる→出力落ちる→それをカバーするために排気量を上げてる訳で、 SR400が落ちたのは「400キュービックセンチでは排ガス規制をクリア出来ないが、大型になると小さな排気量では売れない」とヤマハが判断した訳で、 排ガス規制にさらに排気量落として出力ガタ落ちの元SR400もヤマハの選択にはあがらなかっただけやろ。

1人がナイス!しています