無知ですみませんが、飛行機が山に墜落する時、極限まで速度を落とせば助かるのではと思うのですが、どうなんですか?また、速度を落とす方法を教えてください。墜落すると仮定した場合です。

飛行機、空港139閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

飛行機は速度と機首を上げることで浮力を得てます。 ヘリコプターじゃないんだから、いくら機首を上げても 速度がある一定以下に落ちたら浮いていられません。 速度と浮力を限界までコントロールしたところで、 まだ相当速いです。海でもない限り無傷は難しい。 また、そのコントロールが出来なくて落ちるパターンもありますね。

0

速度のコントロールが出来ないから、もしくは速度のコントロールをしている暇が無いから墜落しています。

0

極限まで減速すると言っても失速しないで飛べる速度以下に減速する事は 出来ませんので、旅客機ですと時速200kmにする事は出来ません。 トラックや新幹線が時速200kmで何かに衝突すれば助かる可能性は かなり少なくなります。 減速する方法としては翼から出るフラップと言う物を着陸形態になるまで 全て展開すれば低速で飛ぶ事が出来ます。 翼後方に折れ曲がっている大きな部分がフラップです。

画像
1

正解なのですが、極限にまで減速しても それでも速度は早いので結果は同じです。 着陸も同じ事を行ってます。 極限まで減速した時に 滑走路に接地するのが着陸です。 墜落する時はパイロットは 衝撃が少なそうな所に着陸する様に 墜落させます。 考えは正しいのですが、やはり速度が速いのです。 減速させる一番簡単な方法は エンジンの出力を下げて 機首を上げる事です。 ーーーーーーー なお、飛行機は前に進む事で 空中に浮いています。 速度があれば、翼が揚力と言うの発生されます。 減速し過ぎると、揚力が激減して高度が大きく下がります。 その減速が行き過ぎると失速と言う状態になり 飛行機は空から落ちる様になります。 速度は減らしたいけど、限界が有るって事です。

1人がナイス!しています

0

速度を落としても200キロ以上出てます それを下回ると、水泳の飛び込みでいう腹打ちになりますからどうあがいてもムリ。 また、山への墜落は制御不能になっている時もある他、進路を誤っていて山に接近しているのに気づかない、あるいは気付いても手遅れで間に合わないパターンもあります。