ID非公開

2021/11/26 21:03

22回答

相続について 自宅は孫(私の子)に贈与する、他は子(私)に贈与するという遺言状があり ・孫は家なき子で小規模宅地の特例を受けられる

税金59閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

問1 子と孫が協議して、子がすべて相続すると決めれば、遺言に反する相続も可能 孫が特定遺贈を放棄し、あなたが包括遺贈を放棄する必要がありますが可能です。 包括遺贈に関する放棄は家裁での手続きが必要だったはず。 問2 その場合、孫は相続人でないので、3年戻しの適用は受けない 相続人でないから加算の適用を受けないのではない。 現に相続人でない孫が特定遺贈を受けると加算対象者になっている。 特定遺贈を放棄しても何らかの形で遺産を取得していると加算対象者となる。(例えば孫が相続税の課税対象となる生命保険金等を取得した場合。)