村上春樹の小説で初心者にも読みやすいものを教えてください

小説113閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2021/12/3 9:25

その他の回答(3件)

0

やっぱり短編集から入られるのがいいと思います。 村上春樹さんは短編から構想を膨らませて長編に書き直した作品もあるので、ここはまず短編から読むのがいいと思います。村上春樹さんの短編集の中でも『はじめての文学』という小中学生を対象に書かれた作品集があるのでそれがいいと思います。もしどうしても長編がいいと思うなら『ねじまき鳥クロニクル』が個人的にはおすすめですね。大長編ですが、村上春樹さんの作品群の中ではとりわけ主題がわかりやすいです。

0

デビュー作「風の歌を聴け」。 100ページちょっととかなり短く読みやすいと思います。内容はうまく説明できませんが。 あと、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」。 これは上下巻に分かれていて多少長いですが、SF的に2つの物語を交差させる仕掛けが面白いと感じました。 村上春樹の小説は、初期の方がいいのが多いと思います。もし上記の2作品が気に入ったら、初期の小説を中心に読んでいきましょう。

0

村上春樹の長編小説は、好みはあるだろうけど、似たようなものだと思います。 村上春樹にこだわる必要があるのですか?。 海辺のカフカは、個人的には次の点が嫌いです。 ① 題名の「カフカ」が意味不明。単にキャッチ―な安直な、物書きにあるまじきいい加減なタイトルとした思えない。 ② 個人的理由で、猫を虐待する小説は読めない。 個人的には、 1Q84, ダンスダンスダンス、 羊をめぐる冒険、 騎士団長殺しあたりが好きだけど。 そういうのは、人によるから。