交通事故の示談金について

交通事故532閲覧

ベストアンサー

0

裁判基準のむち打ちの慰謝料は 赤い本別表Ⅱより 3か月 53万円 実通院数日数の3倍程度を通院期間の目安としていますので、30日の治療日数であれば、これがベースとなります 裁判基準で争う場合は、慰謝料だけでなく治療費含め全体を裁判基準となります 治療費の単価は20円までは認められると思いますが、25円とか単価が高い場合は、そこの部分は減らされる可能性はあります 最後に慰謝料について交通事故紛争処理センターでは一般的に裁判基準の8割から10割で解決されると言われてます

その他の回答(1件)

0

入通院慰謝料で258000円だ妥当なところですよ。根拠として治療期間90日、実通院数30日であれば実通院日数30日に2を掛けて60日となります。治療期間もしくは実通院日数×2のどちらか少ない方に1日4200円を掛けます。 となると60日×4200円で252000円となります。これが自賠責基準です。 交通事故紛争処理センターへ申し立てしても自賠責でそう決まってますからね。 それに弁護士を使わずに裁判基準が適応されることは有りません。なぜならそれが弁護士の特権だからです。保険会社もそれであれば弁護士さんに交渉をお願いしてくださいと強気で言ってきますよ。 あなたの場合、自賠責基準内(上限120万円)にしっかり収まってるので任意保険基準での計算もしてもらえません。 弁特が付いていれば入通院慰謝料で最低でも50万円程度は見込めたかも知れませんね。あなたの入通院慰謝料は妥当なものです。 今後は弁特を付けることをお勧めします。