メダカの水槽に、牡蠣殻って、どれくらい、入れっぱなしで大丈夫ですか?

アクアリウム538閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

メダカは徐々に変動する分には 弱酸性〜弱アルカリまで対応可能で、 どちらかというと弱アルカリが向いてます。 酸性に傾き過ぎると調子を崩す。 (生息地である日本の川はだいたい弱アルカリ。 水道水は主に川の水。) 土系は酸性寄りになるものが多く、 崩れるのでガシガシ底掃除できない。 汚泥(硝酸塩)が溜まると更に酸性に傾くので 牡蠣殻でpH調整してるんだと思いますが、 メダカだけの飼育なら砂利系にしては? 例えば大磯砂は貝殻の破片など含み 最初は弱アルカリになり、 溶けてなくなると水質に影響しなくなる。 崩れないのでガシガシ掃除できて 半永久的に使用可。 ※新規立ち上げの水槽で 濾過バクテリアがいない状態では 酸性寄りの水質だと アンモニア中毒になりにくいメリットはある。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いつも教えて頂きありがとうございます!

お礼日時:2021/11/28 21:23

その他の回答(1件)

0

メダカを飼うなら弱酸性よりの方が安心なので、カキ殻を入れるのはデメリットです。phを上げるメリットはありません。

ヒメタニシのホワイト化セーブする為に、牡蠣殻を入れましたが、怖くってたくさん入れてません。赤玉土も入れ過ぎだったので、量を減らして牡蠣殻追加で。メダカはもちろん、ヒメタニシやミナミヌマエビのも良い環境にしたく、牡蠣殻入れましたが、入れっぱなし期間あるのか知りたく質問しましたm(_ _)m