新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

新型コロナウイルスの南アフリカで新たに発生した変異株はなぜ「オミクロン」株なのですか?

2人が共感しています

回答(11件)

4

アルファ株(α)からはじまって もうすでにミュー株まで世に出てますよ 一覧的には アルファ株 英国 ベータ株 南アフリカ ガンマ株 ブラジル デルタ株 インド イプシロン株 米国 ゼータ株 イギリス イータ株 複数国 シータ株 フィリピン イオタ株 アメリカ カッパ株 インド ラムダ株 ペルー ミュー株 コロンビア ニュー株 なし クサイ株 なし オミクロン 南アフリカ となっております!つまり順にはちゃんときてますが、なぜかニューとクサイは飛ばしたとあります!噂によると ギリシャ文字のニューとクサイは意図的に避けられた。ニューは「new」という言葉と混同するため、クサイは「ある地域に汚名を着せないようにするため 一方、クサイについては、英語ではxiと書き、中国の習近平(シーチンピン)国家主席の「習」の字も英語では「Xi」と表記することから、ソーシャルメディアではWHOが中国に気を遣って使用しなかったとの臆測が広がっている。 とあります

4人がナイス!しています

1

ちなみに、オミクロンガンダムも第五世代のモビルスーツです。 それと同じ理由かと。

1人がナイス!しています

0

WTOはデルタ株などと並ぶ「懸念される変異株」に指定し、ギリシャ文字から「オミクロン株」と名付けました。 新たなコロナウィルス変異株「オミクロン株」とは https://www.soratobuiruka.com/omikuron/

0

飛沫感染に増して空気感染するのでオキシデントなのです。 Oxidizing agent、oxidant、oxidizer、oxidiserは、酸化過程における酸の供給源になる物質である。主な酸化剤は酸素であり、一般的な酸化剤は酸素原子を含む。 酸化反応に伴い熱やエネルギーが発生し、燃焼や爆発は、急激な酸化現象である。酸化剤は燃料や爆薬が燃焼する際に加えられて、酸素を供給する役割を果たす。一般に用いられる酸化剤としては「空気」や、酸素、オゾン、硝酸、ハロゲン (塩素、臭素、ヨウ素) などがあります。

画像