ID非公開

2021/11/28 15:52

22回答

大阪の中山寺に行きました。

補足

兵庫の宝塚です。

宗教49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2021/11/28 19:07

その他の回答(1件)

0

七五三は元々神社でも寺の行事でもありません。 七五三は仮親というのを決めて、家で行う行事です。 仮親には例えば武士であれば上司が成ったりします。或いは自分が殿様なら有能な家臣を仮親にします。なので仮親はその子の一生を支える人でなければならないし、上司に気に入ってもらった人でないと上司を仮親には頼めません。 そして女児であっても将来は玉の輿がほぼ決定するようなものです。 やがてそれが庶民に広がった際には、仮親にはさほどの関係もないし、最初は大家などでしたでしょうが、やがて江戸時代に寺請け制度ができ、なんとなく慶事は神社、弔事は寺という風潮になったので七五三も仮親を付けるのではなく神社でお祓いと成長祈願をして終わりというようになったわけです。 しかし古来寺では普通に安産祈願から初詣り(初宮参りの仏教版)七五三から結婚式までやります。