回答受付が終了しました

ID非公開

2021/11/28 19:26

66回答

すみませんパソコン詳しくないのですが教えてください

Windows 7 | Windows系146閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(6件)

0

vai********さんの回答で 「活性化されていても、正規のライセンスを確認していない」「活性化されていても、正規のライセンスを確認していない」 Windows7のプロダクトキーを入れてActivation(誤訳と言われる認証行為)をすると、「WindowsはMicrosoftのアカウントにリンクされたデジタルライセンスによりライセンス認証されています」 と有ります。 ライセンス認証しているが、確認していないと言う事になります。 Windows7、8のアップグレードでは7、8プロダクトキーが暫定的なプロダクトキーに変換されています。 本題ですがWindows10をダウンロードしてアップグレードすれば済みますが、周辺機器とLANケーブルを外し、起動して、Wifiを切ってインストールすれば勝手に認証されてしまいます。

0

ID非公開

2021/11/29 8:47

それを使ってアップグレードする事も出来ますが、April 2018 Updateはかなり古いのでそのUSBは使用せず、公式ホームページから最新版をダウンロードして、自分で作ったUSBメモリでインストールしましょう。 ダウンロード↓(8GB以上のUSBメモリが必要) https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

0

自分のお使いのPC 仕様であるメーカー名 品名型名型番 記載されている シールがデスクトップPCなら横に貼ってある。ノートPCなら底面の裏蓋 にシール貼ってある。それを写して(こちらに補足で記載して)みたら、 メーカー製品のWin10サポートされるかわかる。また回答者側にはWin10 アプグレ推奨できるできないわかります。製品メーカー側は多分サポート 保証できないだろうかもしれない。よってこのテンプレートな記載なけれ ば回答者側はありきたりな回答しないので貴方の望む回答は得られないと 考慮して下さい。尚、購入にあたってなら最初に記載されたURLアドレス リンク先はAmazonではなくマーケットプレイスの代理店なので信頼性 ないですね。桜チェッカーをブックマークレット(ネット検索すれば見つか る)したら桜満開なのか桜咲いていない(あかん業者ではない信頼してもいい )が分かります。特に送料が高ければ桜満開だったりしますww 他の回答者へレスしたダウンロード版のリンク先はAmazonなので問題無い ですが、おそらくバーションが21H2かもしれませんがISOイメージディスク 容量6GB以内か以上なら6.7GBなのでUSBメモリー8GB要ります。 しかし、お使いのPCがかなり古い(CPUがPentiumとかCeleron、i3)ならサ クサク動く可能性低いです。とはいってもメモリーを4GBから8GBx2の16 GBにしてHDDをSSDにしたらかなり動作そこそこ軽くなる。ですが、CPU がintelなら第3世代のまでならCPU換装(要グリス塗り直し)例えばceleron cpuであってもマザボがBGAならCPU交換不可。PGAなら交換可能。 BGAかPGAか理解するにはそのお使いのPCのCPU型番(動作してるWin7 にてデスクトップ画面下部左端田スタートボタン押下スタートメニュー→ コンピュータアイコン右クリック押下コンテキストメニューからプロパティ 押下で簡易システム詳細窓でるCPU型番でる。それをネット検索でCPU型番 ソケットと入力エンター。例えば第3世代のi3-3130M ソケットとネット検索 するとintel公式のCPUソケット仕様ページ見つかります。https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/72058/intel-core-i3-3130m-processor-3m-cache-2-60-ghz.html ソケットのところでFCPGAなら対応FCBGAなら対応しない直付けCPUで交換 できない分かります。この第3世代のCPU載ってるノートPCがマザボのFCPGA なら確実に同世代のi5とかにCPU換装できます。因みにCPU換装やメモリー増 設やHDDからSSD換装してあっても必ず軽く動作しますって保証はないよ。 少なくても交換換装以前よりは軽めになると留めた方が宜しいかと思料致します。ほなそれでは(`・ω・´)ゞノシ April 2018 Updateはビルドバーションが 1803なのでちょい重めだけど1909なら割と軽めかもしれません。(セキュリティサポート切れてるからネットでアプグレは不可です。)21H2最新 版は重いです。ちなアプグレする時にライセンス認証はセットアップ後にした らいいです。この時ネット認証するだけです。セットアップ時はいいえ知りま せん。を選択。因みにRUFUSてソフトなら過去の旧バージョンのWin10をダウ ンロードできて尚且、最新版Win10ダウンロードできます。しかもメインはUSBメモリーへISOイメージディスクをライディングします。 https://www.pasoble.jp/windows/10/download-past-version.html

2

Microsoftが発売していないものが 通販で売られているわけもなく まずせっかく直販サイトがあるので、それを見てみましょう。 https://www.microsoft.com/ja-jp/d/windows-10-pro/DF77X4D43RKT/48F3?rtc=1&activetab=pivot:overviewtab MicrosoftはWindows 10をWindows 10として売っていて 現行は20H1や20H2ですが Windows 10 20H2として売っているわけではありません。 普通に考えてWindows 10 April 2018として売っていた過去も無く 商品名として存在しないものを売っていると考えることができます。 Windowsユーザーの多くが、認証ができれば大丈夫と考えていますが 実際は、一般的に認証と呼ばれる機構は 本来はActivationという呼称の、活性/不活性を制御する機構です。 ライセンス上の疑惑がある場合に、不活性化し 認証(certification)を促す機構です。 しかしWindows 10は無料アップグレードを行うと共に インストールディスクイメージの配布を行なっていて それを利用してクリーンインストールが行えますが certificationは、それとは別で 性善説のもと、無条件で活性化状態になるようです。 そのため、さまざまな不正行為が横行していて その一つに、無償配布されているインストールディスクイメージから インストールディスクを作って、不当な利益を得る行為が見られます。 本来は、Microsoftが適切に行うべきことを放棄し 多少の不正ユーザーが増えたとしても 認証窓口の人件費などを増やすより損が少ないと考えた結果 こういった詐欺行為が成り立つようになっているようです。 未だ認証について正しい知識が無い人は多いんですが Windows 10では、EULAに 「認証ができても正規のライセンスを確認してはいない」 という趣旨の、意味のわからない項目があります。 つまりActivationを認証と誤訳したために EULAの記述がおかしなことになってしまいますが 本来は 「活性化されていても、正規のライセンスを確認していない」 という意味で いろんな動画やブログで紹介されている 「認証された」というアピールは EULAすら読んでいない情弱の妄言でしか無いわけです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/28 21:04

よく知らず…すみません 公式のものと区別着いてませんでした