ガソリンスタンドは何年後に無くなると思いますか?(特に個人店)

補足

個人店というと、私の思うのはセルフじゃないところです。わかりにくくてすみません。 自分自身、セルフ以外利用しませんので…。セルフじゃないところはその分高いですし、利用している人も少ない印象ですので… セルフを利用したことのない、高齢者とか、入れてもらえるくらいお金に余裕がある人は利用するでしょうけど。。

職業 | 自動車100閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

少なくとも私たちが生きている内にガソリンスタンドが無くなることはないと思います。ちなみに現状でガソリンスタンドは減少方向にありますが、これはEVは全く関係なく単に利幅が少なく経営が苦しいガソリンスタンドが増えている為です。

0

僻地や離島にあるガソリンスタンドがなくなることはありません。 なんだかんだで日本はハイブリッドやイーパワーでやっていくのでしょうし。

0

個人店というのがどのレベルを言うのかわかりませんが、エネオスの看板をあげる個人店もあるのですが、それらも含めてですかね? それだとすれば、2035年くらいまではガソリン車は作られるので、少なくとも15年は確実にありますし、それ以降もガソリン車は無くならないので、+10年として2025年くらいまではガソリン需要はあるでしょうね。 ちなみに、現在世界中で生産される4輪車の数は9,178万/年(2019年)です。 それに対して、電気自動車に必要となるバッテリー生産能力は、2030年の時点で5000万台分しか準備ができないことが予測されています。 併せてバッテリーを作るためのリチウムを精製するには相当な環境破壊を覚悟して行うか、そうでない場合は現在の数倍のコストをかけて精製する必要があります。(現在は中国の環境規制が緩いので環境破壊をしながらリチウムを確保している状況です) よって、そんな状況からももなんだかんだで25年くらいは個人のガソリン店も無くならず、大手ガソリンスタンドも50年くらいは残る気はします。

セルフでないスタンドということなら、あと50年はなくならないでしょうね。 最終的にはセルフでの薄利多売がなくなり、人が給油する方式が最後まで残るでしょうね。 50年後ともなると、ロボットが給油してくれるなんてことはあるかもしれませんが、それはセルフではないですよね。